ルテインは目に良い代表的な成分

ルテインは主にほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれるカロテノイドという色素の一種です。実は、ルテインは私たちの身体の中にも存在しています。
ルテインが蓄積されている場所には、眼・皮膚・乳房組織子・脳など、私たち人間にとって大切な場所ばかりです。そのため、ルテインを摂取することでこれらの不調の改善をサポートできると考えられているのです。

画像: ルテインは目に良い代表的な成分

女性特有の悩みに効果的

ルテインが皮膚・乳房組織子・脳に存在することは知らなくとも、眼に存在することは多くの人が知っています。だからこそ、ルテインは目によい成分、または目に良いサプリメントだと思われています。

しかし、ルテインは女性特有の悩みにも効果があることがわかっています。
まず、ルテインは強い抗酸化作用を持っていますので、紫外線による光老化からお肌を肌を守ってくれます。

また、体内のルテインは妊娠期間に増加します。さらにルテインは血液や母乳にも含まれており、胎児や乳児の発育にも大きく関わっているのです。これらのことから、子宮筋腫・子宮内膜症・乳がん・子宮がんなどの予防にも効果があることがわかっているのです。

画像: 女性特有の悩みに効果的

ルテインの生成は年齢とともに減少

人間の体にも含まれているルテインですが、体内で生成される量は加齢とともに減少します。個人差はあるものの、40代になると急激に減少し始めることがわかっています。
ルテインが不足すると、当然ルテインが蓄積されている場所(眼・皮膚・乳房組織子・脳など)にも影響を及ぼします。

体内で生成されなくなる前に、ルテインを日頃から摂取しておくことが必要なのです。
ルテインの1日あたり目安摂取量は6mgといわれており、天然のルテインであれば過剰摂取をしても大きな心配はありません。
ただし、石油を原料とした合成ルテインを過剰に摂取すると、目のかゆみ・目の腫れ・胸焼けなどの副作用が起こる可能性が判明していますので、天然のものを摂取しましょう。

画像: ルテインの生成は年齢とともに減少

おわりに

ルテインは、もともと体のあらゆる場所に存在する成分です。
上記でも述べたように、眼を始めとした、皮膚、乳房組織、母乳、子宮頚部などにも存在することから、女性にはなくてはならない成分の一つなのです。

しかし、年齢とともに減少することから、補ってあげなければなりません。

ルテインを補うことで、肌老化を防ぐだけでなく、女性特有の疾病の予防にもなります。
シミやシワの発生予防だけでなく、病気のリスクを減らすためにも、ルテインは女性に必要な成分なのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.