乾燥する季節でも朝洗顔は必須!

画像: 乾燥する季節でも朝洗顔は必須!

乾燥する季節は、出来るだけ体から皮脂や水分を逃さないようにケアをします。
とくに、秋以降の肌乾燥が気になる季節は、朝の洗顔もためらってしまいますよね。

しかし、乾燥する季節であっても、朝の泡洗顔は止めてはいけません。洗顔の役割には、皮脂だけでなく肌表面についたほこりや雑菌を落とし、肌を清潔に保つことにあります。

「乾燥するから朝は洗顔しない!」という方もいますが、乾燥する季節でも、眠っている間は皮脂が出ますし、汚れもつきます。

肌表面に残った皮脂をしっかり取り除かなければ、時間が経つと余分な皮脂は酸化し、毛穴の開き、ニキビの原因にもなります。

水洗顔だけでは皮脂は落ちませんので、しっかりと泡立てた泡で洗顔するようにしましょう。

化粧水のポイント

画像: 化粧水のポイント

肌の潤いをしっかりキープしたいとき、化粧水は水と相性の良い「水溶性美容成分」の化粧水を選ぶことをおすすめします。

化粧水の主な役割は皮膚に保湿成分、美容成分を与えることで、美容液やクリームの浸透性を高めることにあります。水溶性の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などは肌のサポート効果が高いので、乾燥する季節は水溶性美容成分がたっぷり詰まった化粧水を選びましょう。

乳液・クリームのポイント

画像: 乳液・クリームのポイント

乳液やクリームを選ぶポイントは肌の乾燥度合いで使い分けましょう。
ちなみに、乳液は水分と油分を与える役割を持ち、クリームは油分で水分蒸発をカバーする役割があります。乾燥しがちな肌は水分だけでなく、油分も不足しがちですので、自分の肌の状態を見て、乳液・クリームを使いましょう。

美容液のポイント

画像: 美容液のポイント

保湿効果が高い成分の一つに「セラミド」があります。
セラミドは化粧水でも潤いを与えることはできるのですが、セラミドは脂質ですので、水溶性成分と相性が良い化粧水では高濃度配合が出来ません。

一方、美容液の場合、化粧水と比較して多くのセラミドを配合することが出来ますので、美容液で摂取するようにしましょう。
セラミドの次に保湿効果が期待できる成分は以下の成分です。

① 水素添加大豆レシチン
② ヒアルロン酸
③ ステアリン酸コレステロール
④ コラーゲン

美容液を選ぶ際は、これらの成分が高配合されているものがおすすめです。

おわりに

画像1: おわりに

乾燥が気になる時季は、水分と油分のバランスを効率良く摂取し、状態をキープする必要があります。肌乾燥はあらゆる肌トラブルを発生させる原因になりますので、丁寧なスキンケアで肌の調子を整えることが大事です。季節に関係なく、美しい肌状態をキープできる女性になりましょう!

モニター募集情報!

江崎グリコから発売されているエイジング・スキンケア化粧品「gg」(ジージー)がモニターを募集している様です。

画像2: おわりに
画像3: おわりに

モニターに参加すればお一人様1回限りで11,000円相当のスキンケアセットが3,000円で使える様です。期間限定のようなのでお早めにチェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.