ルテインは「目」に良いだけ?

目に良いことで知られるルテインは、強力な抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。ルテインの作用は、目を良くするのではなく、眼を強くすると言った方が正しいでしょう。

体内でも生成されているルテインですが、体内に吸収されると、真っ先に目の網膜と水晶体に蓄積されます。これにより、網膜を強い光から保護したり、あらゆる眼病から目を守ります。さらに、眼精疲労からくる肩こり、倦怠感の緩和にも効果を発揮するなど、目に付随する様々な効果があるのです。

まさに、ルテインは現代人、とくに現代女性に欠かせない栄養の一つであると断言できます。その理由は以下の4つにあります。

画像: ルテインは「目」に良いだけ?

① ルテインはブルーライトから目を守る!

現代人にとってPCやスマホは、私生活でも仕事上でもなくてはならないものです。
しかし、PCやスマホを長時間見ると、ブルーライトの影響を強く受けます。ブルーライトは紫外線の次に高いエネルギーを持っており、目への刺激も非常に強く、網膜だけでなく黄斑部にもダメージを与えます。

そこでルテインの登場です。
ルテインには光を遮る作用があります。簡単にいうと、サングラスのような役割をはたしてくれるのです。さらに、ブルーライトの光を遮断し、網膜まで届かないように作用するのです。

画像: ① ルテインはブルーライトから目を守る!

② ルテインの抗酸化作用で新陳代謝がUP

眼精疲労を含めた目の疾患や、それに伴う肩こり・腰痛・頭痛といった体の不調を解消しするのが抗酸化作用の力です。

眼精疲労などの目の疾患は、紫外線やブルーライトによって目がダメージを受けて後の活性酸素の発生が大きな原因です。ルテインには、眼球内の活性酸素を除去する作用を持っています。さらに、ルテインの抗酸化作用が目の酸化を防ぎ、新陳代謝を活発にさせます。

代謝が上がると、血液の流れが改善されますので、眼精疲労はもちろん、肩こり・腰痛・頭痛を予防することにもつながります。

画像: ② ルテインの抗酸化作用で新陳代謝がUP

③ 紫外線カットでシミを抑制

ルテインは紫外線から目を守ります。
紫外線対策として、日焼け止めを塗ったり日傘を差したりなど、紫外線対策をしている女性は多いと思いますが、それに比べると目の紫外線対策を徹底している女性は少ないように思います。
目に受けた紫外線はメラニン色素を活性化させて、シミを増やすだけでなく、紫外線を記憶し、将来のシミ予備軍を発生させてしまうのです。

つまり、どんなに紫外線対策をしても目の紫外線対策を徹底していなければ、紫外線対策の効果は半減してしまうのです。ルテインを摂取することで、目から受ける紫外線を身体の中からブロックすることが出来ます。

画像: ③ 紫外線カットでシミを抑制

④ 生理痛・更年期障害の軽減

ルテインは子宮などの女性特有の病気にも効果があることがわかっています。
実は、子宮という場所は代謝が非常に活発で、活性酸素が多く発生している場所です。子宮で活性酸素が発生すると、生理痛・子宮筋腫・子宮内膜症といった婦人系の疾患にかかるリスクが上がります。

そこで、ルテインを摂取することで活性酸素の発生を防ぎ、生理痛や子宮筋腫、子宮内膜症のリスクを軽減させるのです。

画像: ④ 生理痛・更年期障害の軽減

おわりに

ルテインが現代人、とくに現代女性に欠かせない成分であることは納得していただけたかと思います。しかしながら、こんなに優れた役割を持つルテイン、年齢とともに減少していきます。
ルテインに上記の様々な役割をスムーズに継続してもらうためにも、食事やサプリメントなどで補っていくことが重要なのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.