「グリシン」は眠りを深くする成分

あまり聞き慣れない方も少なくないでしょうが、「グリシン」は入眠を促す作用がある成分だといわれています。実際に、グリシンを適量摂取することで、深い眠りへと誘われる時間が短くなることも研究でわかっているのです。

私たち人間は眠っているとき、浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返していますよね。深い眠りになるまでの時間は個人差はあるもののだいたい眠りに入ってから1時間前後であると言われています。すぐに深い睡眠に入れると、体内では成長ホルモンが分泌されます。深い眠りが重要だといわれる理由はここにあります。

成長ホルモンは、傷ついた肌細胞を修復したり、疲労回復など、体の再生に重要な役割を担っています。ですから、一定の睡眠時間は確保できているのに、睡眠の効果が感じられない場合、深い眠りがとれていない可能性が高いのです。

では、なぜグリシンを摂取すると、早く深い眠りにつけるのでしょうか?

画像: 「グリシン」は眠りを深くする成分

グリシンが睡眠できる理由とは?

実は、グリシンを寝る前に摂取すると、睡眠中に体温が下がることがわかっています。人は体温が下がったときが眠りに誘われやすい状態なので、グリシンが熟睡できる理由はここにあります。
不眠に悩んでいる方は、過去にグリシンを摂取したことがある方もいると思います。グリシンを摂取したことのある方の中には、「グリシンを摂取しても寝つきのよさは変わらなかった」という人もいます。これは当然です。

なぜなら、グリシンを寝る前に飲んでも、効果実感はほぼないのです。グリシンが効果を発揮するのは、寝入った後。つまり私たちの意識が途切れた後なのです。
グリシンを摂取すると、手足から徐々に熱が放散され深部体温が下がっていき、深い眠りが訪れるという作用ですので、その間に「グリシンって効果がある!」という意識は感じられないのです。

画像: グリシンが睡眠できる理由とは?

グリシンの美肌効果

グリシンは深い眠りへと誘うだけでなく、美肌効果も高いことで有名です。
というのも、グリシンは人の皮膚にあるコラーゲンの3分の1を占めているのです。また、深い眠りにつくことで、皮膚の血流も促され、成長ホルモンも分泌されるので、ニキビ肌・シミなどを改善するためのターンオーバーも活発になります。
つまり、美しい肌をキープしたい女性にとってグリシンはなくてはならない存在なのです。

画像: グリシンの美肌効果

おわりに

グリシンは深い眠りを誘うことから、翌朝の寝目覚めもスッキリ!
深いノンレム睡眠が行われることで、活動性も高まりますので、仕事や家事、勉強などへのやる気も高まります。
グリシンの摂取で、いつまでもキレイで元気な女性を目指しましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.