脇の下には老廃物を流すリンパ節がある

人間の脇の下には老廃物の排泄を促す役割があるリンパ液が通る「リンパ管」が密集した「リンパ節」があります。
リンパ液の流れが停滞すると、リンパ節が詰まり、老廃物が上手く流れません。
これが、バストアップの邪魔をしたり、背中の脂肪が蓄積する原因にもなるのです。
そこで今回は、脇の下のリンパが詰まる原因から解消マッサージをご紹介します。

画像: 脇の下には老廃物を流すリンパ節がある

脇の下のリンパが滞る理由

① 体の冷え

体が冷えると肩や首がこります。肩こりや首こりはリンパ液の流れを悪くする原因となります。つまり、慢性的に肩や首がこりになりやすい人は、脇の下のリンパが渋っている可能性があるのです。
脇のリンパが詰まらないためにも、体を冷やすものを食べたり飲まないように気を付けましょう。ただし、体を温めるためにコーヒーや紅茶を飲む場合、カフェインの摂りすぎは、かえって体を冷やすこともありますので注意してくださいね。

② ストレスの蓄積

ストレスが溜まると、血液の流れや内臓機能などを調整する役目を持つ自律神経のバランスが乱れます。すると、血行が悪くなり、結果、リンパの流れも停滞してしまいます。
また、ストレスとは、精神的なストレスだけでなく、睡眠不足や慢性疲労などの肉体のはストレスも自律神経を乱す原因になりますので、休息をとることもストレス解消になります。

③ 運動不足

全身に血液が流れているように、リンパ液も全身に流れています。
血液は心臓をポンプ代わりとして全身へと流していますが、リンパ液は筋肉の動きで、自発的に流しています。
当然ですが、運動不足になると筋肉を動かす頻度が減ります。これにより、リンパ液の流れも停滞するのです。

脇の下マッサージ

まず、脇の下のリンパを流すマッサージは、生理後がおすすめです。
生理の終わり頃になると、血液の流れが良くなり、よりリンパが流れやすくなります。
では、脇の下マッサージの手順をご紹介します。

① まず腕を上げます。脇の下に反対の手の親指をあてて下さい
② 親指以外の本の指を背中側にあてて、脇を挟むように掴みます
③ 脇をもむように指を押しましょう
④ 10~15秒ほど③を繰り返したら、脇全体をマッサージするようにほぐします。

ポイントは、親指を脇に差し込み、揉むのではなく、親指以外の指でぎゅっと掴むように押すことです。1日何回という決まりはないので、空いた時間で行ってみてくださいね。

画像: 脇の下マッサージ

おわりに

脇の下のリンパは非常に停滞しやすい部位ですので、日頃からちょこちょこマッサージしてあげることで、リンパの滞りを流すことができます。
体温が上がっているときがより、老廃物を流しやすいので、お風呂上りや運動後などがおすすめですよ。リンパの詰まりを解消して、背中のお肉を解消しバストアップを目指しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.