冬の紫外線を侮ってはいけません

肌が乾燥しやすい冬ですが、実は紫外線のダメージも受けやすい季節なんです。それは乾燥が起こりやすいためですが、この時期のシミ対策はどうしたらいいのでしょうか?今回はあまり知られていない対策法もお伝えします!

日差しが強くなくても紫外線は降り注いでいる

「夏ほど日差しが強くないから、シミ対策はそこまで考えなくてもいい」

そう思っている人は要注意!なぜならば、肌のシミの原因となる紫外線は、1年中降り注いでいるからです。

国立環境研究所のデータによると、紫外線は通年、観測されていることが分かっています。つまり、冬だから肌への紫外線ダメージが全くないというワケではないんですね。

参照: 国立研究開発法人国立環境研究所
http://db.cger.nies.go.jp/gem/ja/uv/uv_sitedata/graph01.html

乾燥でシミが出来やすくなるって知ってた?

画像: 乾燥でシミが出来やすくなるって知ってた?

「夏よりも紫外線量が少ないし、シミ対策はそこまで真剣にならなくてもいいんじゃない?」

そう思った人もいるかもしれません。しかし、冬には紫外線以外にもシミができやすい要因が潜んでいるんです。

冬の時期、多くの人が悩まされる肌の乾燥ですが、これにより肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまう事が明らかになっています。しかもカサカサ肌は内部に紫外線が及びやすく、さらに肌の乾燥を押し進め、シミを作りやすくしてしまうから厄介なんです。

夏よりも紫外線の量が少ないからと言って、安心はできないんですね。「乾燥とUV対策をしっかりすること」が、冬にシミを作らない対策につながると覚えておきましょう。

マスクは肌の乾燥を防げるのでおすすめです

画像: マスクは肌の乾燥を防げるのでおすすめです

冬にシミを作らないためには、夏同様、化粧下地にUVカット成分が配合されているものを使うといいでしょう。乾燥肌用などカバー力のあるものを利用すると、紫外線対策と乾燥対策が同時に出来るはず。

また、お風呂上がりや洗顔後、保湿力の高い美容液を使うこともお忘れなく。外出先ではミスト化粧水や、手軽に持ち歩ける保湿クリームを携帯しておくとなお肌トラブルを防止できるはず。今は様々な種類のものが出ているので、自分好みのものをいくつか選んでおくといいと思いますよ。

意外な乾燥対策として、マスクを付ける方法があります。保湿だけでなく、風邪予防にもなるからおすすめです。マスク内は適度な湿度が保たれやすいので、喉が乾いて炎症を起こすリスクを低くできるとも言われているみたいですよ。

まとめ:冬もシミ対策をしっかりと行いましょう

紫外線や肌の乾燥などから、冬にシミが出来やすいことをお伝えしました。肌の乾燥を防ぎ、紫外線対策をしっかりしておくことで、積極的なシミ予防ができるはずです。

本当に美しい肌を目指したいなら、季節関係なくしみ対策をしていくことが大切なんですね。気をつけましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.