青汁の美味しい飲み方

近年、「不味い」と言われていた青汁も、美味しく飲めるものが増え、老若男女問わず飲めるようにました。しかし、それでも青汁独特の苦み、青臭さが全て消し無くなったわけではありません。そこで今回は、青汁をより美味しく飲める飲み方をご紹介します。
ストレートの青汁に飽きた方もぜひ、試してみてくださいね。

① 青汁+牛乳

青汁と牛乳は、青汁の青臭さが緩和され、例えるなら「抹茶ミルク」のような風味になります。また、青汁と一緒に牛乳のタンパク質、カルシウムも摂れるので、女性にもおすすめの組み合わせです。
また、牛乳が飲めないという方には、豆乳もおすすめです。豆乳には、植物性のタンパク質、ビタミンE、葉酸、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。豆乳は牛乳と比べてカロリーも低いのでダイエット中の方にもおすすめの飲み方です。

画像: ① 青汁+牛乳

② 青汁+飲むヨーグルト

意外と知られていない組み合わせなのですが、青汁の苦みとまろやかなヨーグルトが青汁の飲みにくさをカバーしてくれます。
また、デザート感覚で飲むことも出来ますので、ダイエット中のおやつとしてもおすすめです。

③ 青汁+野菜ジュース

市販の野菜ジュースは、フルーツが入っているものが多いので飲みやすくつくられています。甘味のない青汁にフルーツのほのかな甘みが加わるととても飲みやすくなります。
また、野菜ジュースに含まれている栄養も一緒に摂れますので美容効果も高くなります。

画像: ③ 青汁+野菜ジュース

青汁の苦味がどうしても気になる…

カロリーは少し上がってしまいますが、甘味をプラスするのもおすすめです。
白砂糖はカロリーが高いですが、ハチミツや黒蜜、オリゴ糖などであれば、カロリーも低いのでオススメですよ。
また、青臭さを抑えたい場合はレモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果汁を少し加えると青汁特有の臭みが軽くなります。青汁は飲み続けることで効果を発揮しますので、長く続けるためにも、自分好みの飲み方を探してみましょう。

画像: 青汁の苦味がどうしても気になる…

おわりに

青汁に含まれる野菜には、食物繊維を始めとした、ビタミン、ミネラル、などの栄養素が豊富に含まれています。

日本では、健康的な生活を送るためには1日に350g以上の野菜摂取が理想とされています。しかし、350g以上の野菜を毎日食べ続けるの大変です。実際に、現代の食生活では、1日350g以上の野菜を摂れている人は非常に少なく、慢性的な野菜不足に陥っているそうです。
しかし、青汁を1杯を飲むことで、350gの野菜に含まれる栄養のほとんどを摂取することが出来るのです!毎日1日1杯、青汁生活始めてみませんか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.