「酵素」は色々なものに含まれる

私たち人間の体には消化酵素をはじめ、様々な食べ物に含まれる食物酵素など、たくさんの種類の酵素が存在しています。

とくに人間の体内にある酵素にはたくさんの種類があり、消化や代謝に関わるものまで、様々な場所で働いてくれています。
目に見えない存在ではありますが、人が健康な状態で生きていくためには、酵素は必要不可欠な大切な存在なのです。

ただ、残念なことに、酵素は限りある資源。年齢とともに体内にある酵素の量は減っていき、それによって様々な影響を受けます。では、酵素が減ると具体的にどんな影響を受けるのかをご紹介します。

画像: 「酵素」は色々なものに含まれる

酵素不足の弊害① 消化不良を起こし体内外に悪影響が…

前日の夜、消化しづらいものを一度にたくさん食べて、翌日になって消化不良を起こしてしまった経験はありませんか?または、肉や揚げ物、ケーキなどのだとを食べて、翌日お肌の調子が悪くなったことはありませんか?

消化しづらいものを食べると、私たちの体内ではいつも以上に酵素が消化によって使われます。これは、酵素が食べ物の消化に使われっぱなしで、上手く代謝ができていない状態なのです。食べたものを代謝できなければ、消化されたとしても、食べた物はずーっと体内にあります。これは、年齢を重ねるとより顕著になります。

画像: 酵素不足の弊害① 消化不良を起こし体内外に悪影響が…

酵素不足の弊害② 代謝が下がり、太りやすく痩せにくく…

酵素が体の中に十分にあると代謝が上がりやすく、痩せやすい体になります。
しかし、酵素が減ると、代謝は上がらず、脂肪は燃えず、太りやすくなってしまうのです。
10代の頃と40代の頃と比べると、ダイエットをしても痩せ方が違いますよね。これは、ただ単に「加齢」のせいなのではなく、「加齢によって酵素が減ったこと」により、代謝が低下し、痩せにくくなってしまったことが原因の一つなのです。

画像: 酵素不足の弊害② 代謝が下がり、太りやすく痩せにくく…

おわりに

たくさんあるときはありがたみを感じない酵素なのですが、減って、体に弊害が現れて、初めてありがたみがわかります。
より健康で美しい状態を維持するためには、酵素を補っていかなければなりません。

酵素は主に、新鮮な野菜や果物、納豆などの発酵食品の中に多く含まれています。食べ物に含まれている酵素を上手く摂取すると、消化のとき必要以上に酵素を使わなくてもよいのです。酵素のサプリメントなども手軽に摂取できるのでおすすめです。
年齢を重ねて酵素不足による弊害を感じる前に、酵素を補充して、アンチエイジングしませんか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.