誰よりも目立つ“華やか顔”をメイクで作ろう

最近、メディアをよく賑わせているハーフタレント。彫りの深いあの顔、実はコツさえ掴めばメイクで簡単に作れるのです。今回はハーフ顔メイクアップのポイントをご紹介します。今日から実践して、皆を驚かせちゃいましょう!

立体的な目元を作っていきましょう

画像: 立体的な目元を作っていきましょう

ハーフ顔のポイントとして挙げられるのは、あの目力の強い大きな目元。眉と目の間隔を狭くしてメイクをしていくことが、ハーフメイクでは大切なんです!目元の色をくっきり残すよう心がけると、よりハーフっぽさを演出できます。

アイシャドウにはパールの入っていない、落ち着いたカラーを選ぶといいでしょう。また、アイライナーで、「アーモンド形」の目元を作っていくと、ハーフ顔により近づきます。

もし、目元全体がちょっと寂しいと感じたら、付けまつ毛を使っていくとベストです。大きな目を演出できるので、華やかさが増しますよ!

チークとリップの色使いに気をつけて!

画像: チークとリップの色使いに気をつけて!

彫の深さを出すとハーフ感がより増します。そのため、鼻筋を高く見せられるノーズシャドウはハーフメイクのマストアイテムです!色の強弱を考えて、グラデーションを作っていくようにメイクアップしていくとベストでしょう。

鼻筋だけでなく、おでこ、目頭と鼻の間のくぼみ部分、ほお骨にもハイライトを入れていくこともおすすめです。顔の高低を演出できるため、ハーフ顔ならではの彫りの深さが出せるはず!

チークとリップの色はできるだけ同じか同系色のものを使っていきましょう。ナチュラルな仕上がりになり、ハーフ顔メイク特有の派手さを抑える事が出来ます。「作った顔」という感じが薄れていいのではないでしょうか?

髪にグレージュカラーを取り入れてもいい

画像: 髪にグレージュカラーを取り入れてもいい

ハーフ顔はメイクにさえ気をつければ、それだけでOKではありません。髪型にも気を配ることで、さらに魅力が増すのです。

中でもおすすめしたいヘアスタイルは、前髪をかきあげたように見えるスタイル。ワックスなどを使用することで、長時間かたちをキープできるはずですよ。左右分けのヘアカットを、美容院でお願いするのもいいかもしれませんね。

他にも、髪にパーマをかけることでハーフっぽさが出るはずですよ。このとき、きつめのパーマをかけるのでなく、エアリー感のある「ゆるふわパーマ」をかけていくといいでしょう。

灰色とベージュの中間カラー・グレージュや、立体感のあるグラデーションが人気のメルトカラーを取り入れると、あか抜けた印象を持たれやすくなると思います。自分にどんな色が合うかよく分からないという人は、担当美容師に聞いてみてはいかがでしょうか?

まとめ:あなたも今日からハーフ顔の仲間入り♡

ハーフメイクのポイントや、それを生かす髪型などをご紹介しました。今までハーフ顔に憧れてはいたけれど、なかなか勇気が出なかった人は、今回の内容を見てチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

メイクに自信がなければ、髪型を変えるだけでも外国敵な印象が生み出せるはず。是非、やってみてくださいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.