様々な用途に適応する青汁!

商品によっても差はありますが、青汁の材料に使われている野菜の代表に、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などの野菜があります。これらの野菜は、食物繊維が非常に豊富で野菜の中でもとくに栄養価が高いものばかりです。そのため、不足しがちな栄養や食物繊維を補うために、青汁は有効な方法と言えます。

近年、老若男女問わず青汁を飲んでいる人を目にしますが、同じものを飲んでいても、一人一人青汁を飲んでいる理由は違いますよね。ある人は健康維持、ある人は美容、ある人はダイエットなど。
実は、飲む目的によって、飲むタイミングが違うのです!
そこで今回は、それぞれの目的によって最も良い飲むタイミングをご紹介します。

画像: 様々な用途に適応する青汁!

目的① 栄養補給

栄養補強を目的として青汁を摂取する場合、飲むタイミングは「朝起きてすぐ」です。
人間の体は睡眠中の非常に多くの汗をかき、エネルギーを消費しているので、目覚めたばかりの身体は栄養を吸収しやすいスポンジのような状態なのです。ですから、体がカラカラのスポンジ状態のタイミングで青汁を飲むことで、体内に青汁の栄養が行き渡りやすく、吸収しやすいのです。

注意していただき点としては、空腹時に冷たいものを摂取すると胃に大きな負担がかかりますので、冷たい青汁の場合は少しずつ時間をかけて飲みましょう。出来るならば、朝はぬるめのお湯などで青汁をつくることがおすすめです。

画像: 目的① 栄養補給

目的② ダイエット

ダイエットを目的として青汁を摂取する場合、飲むタイミングは「食前」です。
空腹時、一番最初に食物繊維が豊富な青汁を飲むことで、満腹中枢が刺激され、その後の食べ過ぎを防ぐことができます。また、食物繊維から摂取することで、血糖値の上昇もゆるやかになり、糖の吸収を抑制することができます。
また、ダイエット中の間食としても青汁は有効です。青汁の粉をヨーグルトに混ぜて食べても美味しいのでおすすめですよ。

画像: 目的② ダイエット

目的③ 便通改善

便通改善を目的として青汁を摂取する場合、飲むタイミングは「寝る前」です。
青汁には食物繊維が豊富に含まれているため、人によっては腸の動きが気になって眠れなくなってしまう人もいますので、布団に入る直前に飲むのは注意が必要ですが、寝る前の30分前には飲むことをおすすめします。
そして、翌朝起きてすぐにコップ1杯のお水を飲むと、便通がスムーズになりやすいですよ。

おわりに

青汁は薬ではないので、この時間に飲まなければならないという決まりはありません。
守らなければならないことは、1日の目安摂取量を超えないことと、体調が悪くなったらいったん注意することです。
今回は目的により効果的なタイミングをご紹介しましたが、青汁は継続して摂取することで効果を発揮しますので、自分にとって飲みやすい時間、続けられるタイミングを最優先させてくださいね。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.