効能①シミ・シワ・美白に効果的

パプリカは実にピーマンの2倍のビタミンCが含まれています。
ビタミンCには、シミの原因でもある「チロシナーゼ」の働きを邪魔してメラニン色素の生成を抑える働きがあるのしみやそばかすに効果的です。
さらに、ビタミンCはコラーゲンの合成にも大きく関わっていますので、肌のハリやツヤを生みます。
パプリカはシミやシワのない白くて美しい肌を目指す女性の強い味方なのです。

画像: 効能①シミ・シワ・美白に効果的

効能②血管を丈夫にする!

パプリカには、「ヘスペリジン」というビタミンPが含まれています。
ヘスペリジンはポリフェノールの一種で、毛細血管を丈夫にする作用を持っており、高潔合うなどの予防にも効果的です。それだけでなく、ヘスぺリジンは熱に弱いビタミンCが熱によって成分が壊れるのを防いだり、吸収を促す働きも担っています。

画像: 効能②血管を丈夫にする!

効能③老化予防

パプリカの中でも赤パプリカには「カプサンチン」が含まれます。カプサンチンには強い抗酸化作用がありす。
活性酸素によって体の酸化を防ぎ、肌や体の老化、生活習慣病を予防する作用があります。

画像: 効能③老化予防

効能④免疫力UP

これもパプリカに含まれるビタミンCは免疫力を高めます。
具体的には、ビタミンCが白血球の働きを強化することで、体内に侵入してきたウイスルを排除するのです。
また、1日に必要なビタミンCが、赤パプリカ3分の1個で摂れてしまいます。
粘膜の保護や肌荒れ、美肌にも効果的なβカロテンもピーマンの18倍も含まれているのも特徴的です。

画像: 効能④免疫力UP

効能⑤血行改善

パプリカは女性にはとくに大切なビタミンEを豊富に含んでいます。
ビタミンEには、血行を良くする働きがありますの、肩凝り冷え、むくみなど、女性億優の症状の改善に効果があります。また、ビタミンEは血中LDLコレステロールの酸化を防ぐで、あらゆる病気のリスクも軽減します。
ちなみに、パプリカのビタミンEはピーマンの約5倍も含まれております。

おわりに

パプリカそのものはもちろん、実は私たちが普段調理の過程で捨ててしまっているパプリカの「ワタ」や「種に」も素晴らしい栄養が詰まっているのです。
パプリカのワタには、血液をサラサラにする「ピラジン」、種には体内の余分な塩分を排出してくれる「カリウム」が含まれています。
調理方法には少し工夫が必要ですが、パプリカはどこも捨てるところがない栄養の塊なのです。パプリカの栄養を全て摂取するためには、パプリカのエキスを抽出したサプリメントなどもありますので、おすすめですよ。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.