顔がむくむ原因

私たちの体は、不要な老廃物がスムーズに流れていれば、むくむことはありません。
しかし、何かの影響によって、余分な水分が流れず、体や顔がむくんでしまうのです。

そして、この何らかの原因の多くは前日に摂取した「アルコール」によるものだとされています。
アルコールを摂取すると、血中のアルコール濃度が高まり、血管が広がります。一見すると、血管が広くなると血液の流れが良くなりいいことと思われがちですが、血管が広がりすぎると、血管の中を通る血液の流れは緩やかになります。血液の流れが緩やかになると、すぐに運ばれるはずだった水分は滞り、むくみが発生してしまうのです。

とくに顔のむくみは、顔に余分な水分がたまっている状態です。
通常であれば、昼頃までには身体に流れていくのですが、むくんだままメイクをするのは嫌ですし、なるべく早く解消したいですよね。
では、1秒でも早く顔のむくみを解消するにはどうすれば良いのでしょう?

画像: 顔がむくむ原因

朝起きてすぐにすべきこと!

顔のむくみを解消するには、滞っている水分をとにかく流すことです。
まず、着目すべき部位は顔ではなく、「首」からほぐします。首を右に左右5回程度大きく回し、鎖骨の上にあるくぼみ左右30回ほど押します。
鎖骨のくぼみは凝りやすい部分なので、この部位の凝りをほぐして、水分が流れやすい状態を作ってから、顔をほぐします。

次に、あごから耳の上にかけて、余分な水分を押し流すようにマッサージします。このとき、強い力でやると皮膚にダメージを与えて、たるみの原因になってしまいますので、クリームやオイルを塗ってすべりをよくしてから行いましょう。
あごから耳の上の周辺をマッサージをしたら、耳の後ろ側から首筋にかけて、水分を鎖骨の方へと流していきます。
以上の流れを、2~3分行うだけで顔のむくみは軽減されます。

画像: 朝起きてすぐにすべきこと!

時間があるときは頭皮マッサージも有効

時間があるときは、上記のマッサージに加えて、頭皮マッサージも有効です。
顔と頭皮は皮膚1枚でつながっています。
頭皮を軽くマッサージしてあげることで、顔全体の血行もよくなり、むくみも解消しやすくなります。マッサージの力加減が分からないという方は、とかすだけで頭皮マッサージが一緒にできるブラシもありますので、おすすめですよ。

画像: 時間があるときは頭皮マッサージも有効

おわりに

お酒をたくさん飲んだら、それ以上にたっぷり水を飲んでから眠ることが大切です。
たっぷり水を飲んでから眠ると、アルコールだけでなく、取りすぎた塩分も中和されますので、翌日の顔のむくみを大幅に和らげることができますよ。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.