ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ヨーグルトを選ぶときに「乳酸菌」や「ビフィズス菌」という文字を目にしませんか?
中には、乳酸菌とビフィズス菌は同じ物として扱っているものもありますが、それは間違いです。乳酸菌もビフィズス菌も腸内環境を守る善玉菌の一種であることには違いないのですが、実は2つには大きな違いがあります。

乳酸菌もビフィズス菌も発酵して乳酸を生成する細菌なのですが、乳酸菌は乳酸しか生み出さないのに対し、ビフィズス菌は乳酸以外にも強い殺菌力を持った酢酸を生み出します。
酢酸は腸内環境を酸性にして悪玉菌の増殖を抑制し、善玉菌を優位にします。また、ビフィズス菌はビタミンB群もつくることが出来ます。乳酸菌には、ビフィズス菌のような栄養素を作りだすことはできません。

画像: ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌は年齢とともに減少する

ビフィズス菌と乳酸菌の大きな違いに、増減があります。
ビフィズス菌は加齢とともに減少してしまう性質がありますが、乳酸菌は減りません。
しかし、人間の腸内に住んでいる善玉菌のおよそ90%はビフィズス菌ですので、ビフィズス菌が少なくなると様々な健康被害に襲われてしまうのです。
ですから、年齢とともに、ビフィズス菌を意識的に増やしていく必要があるのです。

画像: ビフィズス菌は年齢とともに減少する

ビフィズス菌を増やすには?

① 腹筋を鍛える

腹筋が弱まると腸のぜんどう運動が低下し、便秘体質になりやすくなってしまいます。
慢性的な便秘はビフィズス菌を減少させる原因になりますので、腹筋を鍛えましょう。

② 食物繊維を多く摂取

水溶性の食物繊維を多く摂りましょう。具体的には、ごぼう、にんじん、サツマイモなどに多く含まれています。

画像: ② 食物繊維を多く摂取

③ 乳糖をとる

乳糖は主に牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品に含まれている糖です。
悪玉菌を撃退する酢酸はビフィズス菌から乳糖に分解されてつくられるので毎日でも摂取しましょう。

④ ビフィズス菌サプリメント

本来であれば運動や食生活を見直すことでビフィズス菌を摂っていくことが理想的ではありますが、規則正しい生活習慣がいまいち継続できないという方は、ビフィズス菌サプリメントもおすすめです。近年では、生きたビフィズス菌を腸まで届けられるサプリメントもありますので、チェックしてみてくださいね。

画像: ④ ビフィズス菌サプリメント

おわりに

実は、体に慢性的なストレスを与えていると腸内のビフィズス菌が減少し、下痢や便秘を引き起こすことが分かっています。
運動や食習慣を見直すことも大切ですが、生活の中でリラックスする時間を確保して、自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.