ダイエット成功の鍵は停滞期を乗り越えること!

ダイエットを始めて2週間頃に訪れる「停滞期」。だいたい1〜2ヶ月程度続くとされていますが、これを乗り切れば、ダイエットが成功しやすくなります。

今回はその対処法を3つご紹介しますので、辛い「停滞期」をうまく乗り越えていきましょう。

無理な食事制限はやめ、栄養バランスを考える

画像: 無理な食事制限はやめ、栄養バランスを考える

停滞期に入ると、なかなか体重が落ちず、焦って厳しい食事制限をしてしまう人もいると思います。しかし、そのやり方ではダイエットはなかなか成功しないそうです。

摂取カロリーが極端に少なくなると、人の体は「ホメオスタシス効果」と呼ばれる状態に突入します。これは、摂取した脂肪を蓄え、基礎代謝を低下させる状態のことを指すそうです。

これにより、停滞期はどうしても体重が落ちにくくなってしまうということが明らかになっています。こうした状態になったら、じたばたせずに停滞期が過ぎるのを待ちましょう。

もちろん、摂取カロリーはダイエット前より減らす必要がありますが、栄養バランスはタンパク質をちゃんと摂ることよう心がけてください。「ホメオスタシス効果」発動中は、体が飢餓状態に近い状態にあると考えて、極端に食事制限をすることを避けてくださいね。

できるだけストレスを溜めないようにしましょう

画像: できるだけストレスを溜めないようにしましょう

痩せないことを意識してしまうと、かえってそれがストレスになってしまうことがあります。結果、ダイエットを諦めてしまったり、過食に走ってしまうケースもあるので気をつけましょうね。

停滞期とは、ダイエットをしている人誰もが通る「試練の時期」です。「痩せない」とナーバスになるのではなく、「この時期はなかなか体重が落ちないものなんだ」と自分に言い聞かせることが大切。

中には、食べないことがストレスになっている人もいると思います。そんな人は、土日はダイエットを休むなどの工夫していくといいのではないでしょうか?ダイエットは続けることが肝心なので、停滞期に負けてギブアップだけはしないで欲しいな、と思います。

運動を頑張り過ぎると逆効果なケースもある

画像: 運動を頑張り過ぎると逆効果なケースもある

停滞期に突入すると、体重が落ちないからハードな運動をする人がいます。摂取したカロリーをエネルギー変え、ダイエットが有利に進むように思えますが、実際はあまりおすすめできるやり方ではありません。

先ほどもお話ししましたが、「ホメオスタシス効果」が起こっている体は「栄養が足りない!」と感じている状態です。やみくもに運動すると、ますます摂取した栄養を体が体内にとどまらせようとするはず。体を動かすことでお腹が減ってしまいやすくなるので気をつけましょう。

それでも運動をしたいなら、激しいものは避け、ウォーキングなど軽めのものを試してみてはいかがでしょうか?

停滞期だからってダイエットを諦めないで!

ダイエットをしていると、停滞期に悩まされる女子も多いもの。この時期は無理に食事制限や運動をせず、痩せない時期をうまくやり過ごすことが肝心です。なかなか痩せないからと言って諦めず、ダイエットを続けてくださいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.