清潔にしているのに口臭が気になる…

毎日しっかり歯も磨いているし、臭いがする食べ物も避けてる、清潔な状態を保っているのに口臭が気になる!
そんなときの原因は「親知らず」かもしれません!
ではなぜ、親知らずが口臭の原因になるのかをご紹介します。

画像: 清潔にしているのに口臭が気になる…

理由① 親知らずの周りに食べカスがたまっている

親知らずを抜歯していない場合、歯の周りは食べカスがつまりやすくなっています。
親知らずの周りというのは、普通の歯ブラシでやつまようじでもなかなか綺麗にとれません。歯に食べカスがたまると、血液と混じり、臭いが発生します。
ほかにも、食べカスは口内に住む細菌のエサになり、プラークというネバネバしたものに変わり、ガスを発生させ、やがて口臭の原因となるのです。親知らずの約80%以上は斜めに生えていたり、歯ぐきとかぶって生えています。この歯ぐきの隙間にプラークがたまりやすいのです。

画像: 理由① 親知らずの周りに食べカスがたまっている

理由② 虫歯になっている

口内の一番奥にある親知らずを磨くのは大変です。また、生え方も真っすぐではないので、歯磨きもし辛いことから親知らずは虫歯になりやすい歯でもあります。
親知らずが虫歯になってしまうと、虫歯の菌は臭いのもととなってしまうのです。また、虫歯の菌が根の中に入ると根の先に膿が溜まり、臭いのもとであるガスを出します。

画像: 理由② 虫歯になっている

親知らずの周りに汚れをためない!

親知らずの周りに汚れをためないためには普通に歯ブラシを使うだけでは不十分です。
普通の歯ブラシに加えて、「タフトブラシ」という小さな三角形の歯ブラシがありますので、これを斜めに生えている親知らずに入れると、しっかり奥まで磨くことが出来ますのでおすすめです。しっかり磨くと、始めは血が出るかもしれませんがプラークが取り除かれると、やがて歯ぐきが引き締まり、血も出なくなります。
また、最後の仕上げに糸ようじなどで隙間の汚れを取り除くと、さらに効果的です。

画像: 親知らずの周りに汚れをためない!

おわりに

親知らずからの口臭の場合、一番の方法は抜歯をすることです。
真っ直ぐに生えている場合や、他の歯の状態が悪い場合はともかく、複雑な形をしていて隣の歯を邪魔している場合、痛みがある場合は、すぐに治療しましょう。
親知らずは、他の歯と違って真っすぐに生えていませんので、虫歯や歯周病になってしまうリスクが高いわりに治療が難しく、再発率も高いです。
口臭を防ぐためにも、キレイで健康な歯を維持しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.