疑問①「ビフィズス菌が花粉症予防に効果があるって聞くけど本当?」

答えは、YESです。効果はあります。

ただし、種類が限定されます。
花粉症予防に効くビフィズス菌は「BB536株」というビフィズス菌です。
BB536株は森永乳業から発売されている「ビビダス」というヨーグルトに含まれているのですが、このヨーグルトを食べても花粉症に効果があるというわけではありません。

少なくとも、花粉が飛び始める1~2か月前から食べなければ予防効果は実感できないでしょう。ビフィズス菌ではBB536株が効果的とされていますが、乳酸菌にも花粉症に効くとされているものはありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

画像: 答えは、YESです。効果はあります。

疑問②「ビフィズス菌がダイエットに効果があるのは本当?」

答えは、YESです。

例えばビフィズス菌B-3とというはビフィズス菌をBMIが高めの人に一定期間摂取させてみたところ、体脂肪量の減少、肝機能の改善が確認されました。
このことから、ビフィズス菌にはダイエットに効果的であると言えるでしょう。
ほかにも、ガゼリSP菌、LP28株などもダイエットに有効だとされています。

画像1: 答えは、YESです。

疑問③「ビフィズス菌は食前に摂取した方が良いんでしょ?」

答えは、NOです。

ビフィズス菌は胃酸や胆汁酸などに非常に弱い菌ですので、胃酸の濃度が高い食前では取り入れたビフィズス菌を生きたまま腸にとどけられる可能性が低くなります。
ですから、ビフィズス菌を生きて腸までとどけるためには、胃酸の濃度が薄まっている食後がおすすめです。

画像1: 答えは、NOです。

疑問④「ビフィズス菌と乳酸菌は一緒に摂取したらダメなの?」

答えは、NOです。

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌はお互いに共存しています。
腸内に沢山の菌を体内に取り込んでいくことで増やしていくことが出来ますので、一緒に摂取しても問題ありません。また、食べ物から摂取する乳酸菌やビフィズス菌は競合することがないので、安心して摂取してくださいね。

画像2: 答えは、NOです。

疑問⑤「塗るビフィズス菌があるって聞いたんですけど…」

答えは、YESです。

「JBL05株」というビフィズス菌はビフィズス菌の中でも珍しい塗るビフィズス菌です。
JBL05株にはヒアルロン酸などの菌体外多糖を作り出すことのできる菌株で、化粧品に使われているヒアルロン酸に匹敵するほどの保湿力があるそうです。

画像2: 答えは、YESです。

おわりに

ビフィズス菌は女性のあらゆる悩みを解決してくれる強い味方です。
最近ではヨーグルトだけでなくサプリメントなども発売されていますので、乳製品が苦手な方でも手軽にビフィズス菌を摂取できるようになりましたので、おすすめですよ。
ダイエット・美容・健康のために、ビフィズス菌活はじめませんか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.