むくみのせいで太ももが太い人

「上半身は普通体型なのに、太ももだけが異常に太い気がする…ていうか太い!」
そんな悩みや不満を持つ女性は少なくありません。
全体を見れば決して太ってはいないのに、太ももだけが太い人の多くは、太ももがむくみやすいという特徴を持っています。むくみの原因は余分な水分です。

通常であれば、体内の余分な水分は汗や尿となって体外に排出されます。しかし、代謝が悪い人や、血液を心臓に送る力が弱い人は、余分な水分が溜まりやすく、結果、下半身がむくみやすいのです。
太もものむくみを解消して、本来の太ももの大きさに戻すためには3つのアプローチが必要です。

画像: むくみのせいで太ももが太い人

太もものむくみを解消する3つのアプローチ

【1.マッサージ】

むくみ解消のためにマッサージは非常に有効です。
むくみは習慣だけでなく、体質によるものも大きいので、マッサージは毎日行なわないとすぐに元の状態に戻ることもあります。ですから、自分がむくみやすい体質だとわかっている方は、毎日3分~5分でも良いので、マッサージを習慣に入れて下さい。
マッサージの方法としては、足からひざ、ひざから脚の付け根に向かって血液を押し流すように行って下さい。マッサージの際に、マッサージクリームやオイルを使うと、肌のすべりがよく、必要以上の力を入れなくてすみますので、何か潤滑剤を塗ってからマッサージすることをおすすめします。

画像: 【1.マッサージ】

【2.カリウムの摂取】

カリウムを摂取するとむくみが和らぎます。
ただ、カリウムが多く含まれている食材はあるものの、調理をする際に塩を使うことになり、結果的にむくみの原因であるナトリウム(塩)を摂取してしまうので、カリウムの補給に調理はおすすめしません。
カリウムを多く含むものを摂取するためんは、調理の必要がなく、そのまま食べられるものが良いでしょう。具体的には、アボガド、バナナ、メロンなどがおすすめですよ。

画像: 【2.カリウムの摂取】

【3.筋肉量のUP】

皮膚の弾力が低いと、太ももは太く見えます。
同じ太ももサイズでも、筋肉がついていて皮膚と、筋肉がついていない柔らかい皮膚では、皮膚のハリが違います。筋肉がついている方がハリがあり、皮膚が引き締まっているので、太ももも細く見えるのです。
ただし、筋肉が多くてもただ太く見えてしまうだけですので、適度に筋肉をつけることが大切です。比較的、太ももは筋肉がつきやすいので、毎日ではなく3日に1回程度のペースで軽い筋トレを行うことをおすすめします。

おわりに

今回ご紹介した3つのアプローチは脚の脂肪を落とすダイエットではなく、太ももの大きさを本来の大きさに戻す方法です。この方法で足の太さが変わらなかった場合、それはむくみではなく脂肪の蓄積による太さですので、適切な方法で脚を引き締めましょう。
また、太ももが細くなった場合は、脚が細くなったのではなく、本来の大きさに戻ったということですので、継続して続けてくださいね。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.