街中はイルミネーションで彩られはじめ、いよいよクリスマスシーズン目前!特別な一日、最高の自分で過ごしたいですよね♡

クリスマス直前の駆け込み美容も良いですが、ベストな状態でその時期を迎えるために今からやっておきたい美肌習慣の方法をご紹介します♪

クリスマスまでに美肌を手に入れるには

画像: クリスマスまでに美肌を手に入れるには

クリスマス直前にフェイスパックやサロンで自分へのご褒美兼ねて駆け込み美容を取り入れるという方も多いはず。

しかし、公私ともに忙しいこの時期、スペシャルな駆け込み美容をしようと思ったときには肌は荒れてガサガサ、くすんでいて顔色がさえない……。

そんな状態では、スペシャルケアがかえって刺激になり悪影響となったり、せっかく手に入れたクリスマスコフレでメイクしようとしても、化粧のりが悪くてキレイに仕上がらず、せっかくのクリスマスも気分が乗らなくなってしまいます。

肌が生まれ変わるまでには、約28日ほどかかるといわれています。そのため、クリスマスに最高の美肌でいられるように今すぐ始めたい美肌習慣の方法をご紹介します!

週に1~2度のスクラブで肌を磨く

画像: 週に1~2度のスクラブで肌を磨く

乾燥や冷気などから肌を守るため、肌表面の角質が硬くごわつきがちになりやすいこの時期。

まずは古い角質を落とし、肌のターンオーバーを整えることでキメの整った美肌に生まれ変わりやすい状態に整えてあげましょう。

週に1~2度程度のスクラブは、なめらかで健康的な美肌に導いてくれます。同時に、くすみがちな肌も明るくなり、クリスマスも明るく輝く肌で迎えることができるかも。

肌がデリケートな方は、念入りにやりすぎてしまうとかえって肌を傷めてしまうことも。粒子の細かいスクラブをできるだけ優しいタッチで使用するように注意してください。

フェイスパックを取り入れる

画像: フェイスパックを取り入れる

“落とす”ケアと合わせて行いたいスペシャルケアが、フェイスパック。スクラブを行ったあとの肌はデリケートな状態のため、たっぷりのうるおいで満たして鎮静と保湿をしてあげましょう。

余計な古い角質や汚れがオフされた状態の肌は、いつもより有効成分が浸透しやすく、美肌効果も実感しやすくなっているので一石二鳥!

お気に入りのシートパックを、クリスマスまでのカウントダウン感覚で毎週使えば、ワクワク感も増してよりスキンケアタイムが楽しみになりますよ♪

半身浴&マッサージ

画像: 半身浴&マッサージ

スペシャルケアを2つご紹介しましたが、やはり毎日習慣が美肌への近道。

忙しかったり寒いから……と、ついついシャワーでさっと済ませてしまいがちですが、夜20分程度でいいので、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって半身浴する習慣を取り入れてみましょう。

全身が温まり血行や良くなることで、生き生きとした美肌だけでなく、凝り固まりがちな体もほぐれて全身のむくみもすっきりします。

また、乾燥で硬くなった肌がやわらかくなり、小じわなどのエイジングサインの予防にもなります。

湯船に浸かりながらフェイスラインから鎖骨の上のリンパ節に向かって上から下へ流すように軽くマッサージすると顔やデコルテがすっきりし、クリスマスに着たいとっておきの洋服もよりキレイに着こなせるはず♡

サプリメントで中からキレイに♡

画像: imp2.result-master.com
imp2.result-master.com

毎日の習慣のひとつとして、サプリメントを取り入れてみるのもおすすめ。

なかなかきっかけがなくてサプリメントを飲んだことがない……という方でも気軽に試せるのが、普段の飲み物や食べ物に混ぜるだけでOKな、ニッピの「コラーゲン100」という粉末コラーゲン。

初回限定で、20日間分のお試し用が999円(税込・送料無料)でお試しできるので、クリスマスに向けてこの機にサプリメント習慣を取り入れてみるのも良いかもしれません。

美肌にはもちろん、体や爪、髪などを健康的に美しく保つのに欠かせないコラーゲンは、たんぱく質の一種です。

年齢とともに減少しがちなコラーゲンですが、体内に吸収されやすい低分子コラーゲンが100%で効率的に摂取でき、サッと溶けやすい粉末タイプで飲みやすいニッピのコラーゲン 100。

無味無臭で、コーヒーやジュースなどの飲み物に混ぜても、料理の際に混ぜ込んでもOKなので気軽に毎日続けられます。

おわりに

クリスマスまでに美肌を叶えるために、今から取り入れたいスキンケア習慣の方法をご紹介しました。

ここでご紹介したことを取り入れつつ、何よりも生活習慣を見直すことが美肌習慣のベースです。睡眠時間や食生活が乱れがちになりやすい時期でもありますが、できるだけ意識してクリスマスを最高に輝く美肌と笑顔で迎えましょう♡

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.