瞳の透明度が失われる原因

赤ちゃんのような透明感のある瞳は大人でも憧れます。
透明感をUPするためには、白目を濁らせてしまう原因を解明してから!
そこで今回は、瞳の透明度が失われる4つの原因をご紹介します。

原因① 紫外線の蓄積によるダメージ

お肌と同じように目に紫外線を浴びると、目も日焼けを起こします。
皮膚の日焼けと違って目の日焼けは、徐々に黄ばんだ白目になっていってしまいます。これは、肌のシミと同じで、紫外線によって活性酸素が発生し白目が濁ってしまうのです。

原因② PC・スマホによる目の疲労

PCやスマホから発生されるブルーライトは、紫外線の次に高いエネルギーを持っています。つまり、瞳にかかる負担もそれだけ大きいということですので、紫外線同様ダメージは目に記憶され、白目も濁っていきます。
また、このPCやスマホが恐ろしいのはブルーライトだけではないのです。ブルーライトは光りの長波が短いので、目は必死にピントを合わせようとします。
普通の物を見るだけでも目は疲れるのに、長波が短いものはさらに目が疲れてしまいます。

画像: 原因② PC・スマホによる目の疲労

原因③ 肝機能の低下

日常的な喫煙、アルコールの摂取を習慣にしていると、肝臓が疲弊し、慢性化すると脂肪肝や肝硬変へと悪化します。一般的に、肝臓に異変が起こると、肌が黄色くなると言われていますが、実際は、肌よりも先に「白目」が黄色く濁っていきます。
これが、肝機能の低下が瞳を濁らせる原因なのです。

原因④ 慢性的なストレス

ストレスや疲労が溜まると緊張状態が続き、筋肉は硬く凝り固まっていきます。
すると、血行が滞り、血行不良となります。これが原因となり、白目がくすんだり、元気のない印象になってしまいます。

白目の濁りを解消する「ルテイン」

ルテインが持つ力で知られているのは「目」の疾病への効果ですよね。
もともと、人間の目の黄斑部や水晶体にはルテインが含まれています。しかし、紫外線や加齢など、様々な影響で目の中のルテインが減少していきます。
ルテインが減少すると、白内障、黄斑変性など、目のトラブルが発生します。また、近年では、PCやスマホなどから発せられるブルーライトが原因で、若い世代にも目の障害が増え、問題となっています。

これらの目の病気を、ルテインを摂取することで改善されるといわれています。
実際に、アメリカの眼科医の多くががルテインの摂取を患者に勧めており、その効果は非常に高く評価されているそうです。
ルテインは網膜「黄班部」に多く存在する成分ですので、あらゆる光の害から人間の目を守ってくれるのです。

画像: 白目の濁りを解消する「ルテイン」

おわりに

ルテインは野菜や果物に多く含まれているのですが、中でも豊富なルテインを含んでいるものが「ほうれん草」です。
ほかにも、ブロッコリー、ケール、キャベツなども、多くルテインが含まれているので、瞳美人を目指す方は、これらの野菜を積極的に摂取しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.