肌トラブルに悩まされる女性たち

とくに生理前になると肌トラブルに悩まされるという女性は少なくありませんよね。
女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンで調整されています。エストロゲンは「美肌ホルモン」とも飛ばれており、肌のハリや潤いを維持するために必要です。一方プロゲステンは男性ホルモンに似た働きを持っており、生理前になるとプロゲステンが急激に増え、皮脂の分泌が高まります。すると、肌の水分と油分のバランスが崩れ、皮膚は硬化し、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

この状態を防ぐためには、生理になる前、プロゲステンが増える前に、外側と内側からアプローチする必要があります。

画像: 肌トラブルに悩まされる女性たち

内側からのアプローチ

ニキビが発生しやすい、プロゲステンが増加する時期の一週間前からは油分の多い食事を控えましょう。食物繊維やビタミンB、イソフラボンを含む食品を積極的に摂ることを心がけ、十分な睡眠とストレスを溜めないことが大切です。

どんなに食生活に気を付けていても、睡眠不足が続いたり、ストレスが溜まると、肌の抵抗力は低下します。すると、肌水分が蒸発されやすくなり、結果的にニキビができやすい肌をつくってしまうのです。

とくに生理前の肌荒れは、ホルモンバランスによる影響が圧倒的に大きいので、ストレスを溜めないことがとても大切です。

画像: 内側からのアプローチ

外側からのアプローチ

内側からのアプローチと同時に進めたいのが外側からのアプローチです。
プロゲステンによって皮脂量が多くなっているからといって、スキンケアで過剰に皮脂をとろうとしていませんか?

適量の皮脂は、外部から肌を守るために必要なものですので、過剰な洗顔やスクラブなどはおすすめできません。皮脂をとろうとろうとすると、肌を守ろうとかえって皮脂が増えます。
洗顔料はしっかり泡立ててやさしく洗うことがポイントです。また、肌が乾燥すると毛穴がつまりやすくなるので、潤いケアも大切です。そして、次に大切なことが肌の状態を整えるケアです。

ニキビ肌を守る注目成分「紫根エキス」

生理前のニキビだけでなく、生理前以外でのニキビや肌荒れに効果的な成分の一つに「紫根エキス」があります。紫根エキスとは、ムラサキ草という植物の根から抽出されたエキスのことです。紫根は染料としても使用されており、漢方薬、皮膚の外用薬などにも使われています。薬用に用いられる場合は主に、やけどなどの炎症を抑えたり、ニキビや吹き出物などの発疹の治療薬などがあります。

また紫根が、血行促進作用や抗炎症作用が高いことから、近年では美容成分としても注目されています。紫根の血行促進作用から、にきびだけでなく、シミ、くすみ、たるみ、シワの改善効果が期待出来ると言われています。血行を促進することで、ターンオーバーを促し、新しい細胞を表皮に押し上げていく過程で、角質に残っているメラニン色素の排出も促すというわけです。

画像: ニキビ肌を守る注目成分「紫根エキス」

おわりに

生理前の女性の肌もターンオーバーのサイクルが狂っている状態です。このとき、ターンオーバーが狂い、新しい肌細胞と古い角質が入れ替わらなくなることで、肌の柔軟性が失われ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。
紫根エキスは元来ニキビの炎症を抑える働きを持っているだけでなく、ターンオーバーを整えることから、Wでニキビへアプローチする作用を持っている強力な抗ニキビ成分なのです!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.