最近は節約志向と言う事もあり、職場にお弁当を持参する人が増えました。そんな「お弁当女子」に向け、今回はダイエットの味方になるスープをご紹介します。明日から献立に取り入れてみてくださいね!

ダイエットにはお弁当持参がいい理由は?

「太り過ぎない事」は女子の永遠のテーマ!具体的なスープをご紹介する前に、ダイエット中はお弁当を持参した方がいい理由をご説明します。

■ 自分好みの食材・調味料で味が調整できる!

コンビニなどで売られているお弁当や、レストラン料理には砂糖や塩が多めに入っている事が珍しくありません。その点、自分でお弁当を作れば調味料を調整できます。糖質制限ダイエットをしているならば、それ専用の食材もチョイスできるのもポイントです。

■ 自分でカロリーが調整できるのも魅力!

あなたがレストランに行った時の事を思い出してください。女性客だけでなく、男性や小さなお子さんまで、幅広い客層がいるところがほとんどだと思います。外で販売・提供されている料理は「これ!」といったターゲット設定されず、老若男女に合わせたものが出品されている事が多いもの。

気をつけないと、男性並みのカロリーを摂っていた…という事態にも陥ります。これではなかなかダイエットが成功しない事が、お分かり頂けるのではないでしょうか?

どうしてお弁当にスープをおすすめするの?

ダイエット中のお弁当に、スープを試して欲しいのにはワケがあります。お弁当は肉などの主食が3割、煮物などの主菜が2割、ほうれん草のおひたしなどの副菜を1割で作ると、栄養や摂取カロリーがバランスよく摂れます。しかし、忙しいとなかなかそこまで考えられないもの。

そんな時、肉やたくさんの野菜を一つにまとめられるスープ料理は、忙しい女子の味方になってくれます!手軽に作れる上、具材に注意すれば栄養面でも心配しなくていいのも魅力と言えます。

具体的に試して欲しいスープ料理はこちら!

画像: 具体的に試して欲しいスープ料理はこちら!

スープがいい…と言われても、何のスープをダイエット中選べば良いか迷ってしまうもの。そこで、おすすめスープ3つをご紹介します。

■ リコピンが豊富なトマトスープ

赤い色が特徴的なトマトですが、それは「リコピン」という成分のためです。高酸化作用の働きを抑制し、肌の若々しさに一役買ってくれます。食物繊維が多く、余分な脂肪の吸収を抑えたり、便秘解消の手助けをしてくれたりと、体重減にもつながりやすいのです!

■ 女性ホルモンの味方!豆乳スープ

もともと豆乳には女性ホルモンと似た構造をした成分「イソフラボン」が配合されています。女性のイライラは、ホルモンと密接に関係しています。
気分の波が激しいと過食に走りやすい人も多いはず。これを防止する意味で豆乳スープはおすすめなんです。他にも「レチシン」という成分が含有されています。ドロドロ血から遠ざけたい人はどうぞ。

■ 匂いが気にならなければキムチスープもあり

キムチに使われる唐辛子は「カプサイシン」を含んでいます。辛さの元になるだけでなく、新陳代謝を活性化してくれる効果もあるってご存知でしょうか?
血糖値を抑える働きもしてくれるので、脂肪がつかないサポートもしてくれますよ。ただし匂いはきつめなので、オフィスでお弁当を食べる時は注意してくださいね。

これからはお弁当にスープを持参してはいかが?

スープがダイエットにおすすめな理由をご紹介しました。ご飯派の人もいると思うので、そんな人はいつものお弁当を少なめにして、スープをサブで付けてみるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか?

スープダイエットはお弁当を作る時間の短縮にもつながります。皆さん、試してみてくださいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.