便秘は生活習慣の結果

便秘は生活習慣症です。便秘に悩まされている人は、安易に便秘薬に手を出さず、まずは自分の食生活・生活習慣を見直すことが必須です。

しかし、中には「きちんと3食食べているし、適度に運動もしている!」という方もいるかもしれません。そんな方、普段は何を飲んでいますか?甘い物は好きですか?どんなものを食べていますか?便秘には、決して「体質」だけでは言い切れない理由があります。
その理由を改善するとともに、体質改善に取り組む大切になってきます。
そこで今回は、便秘体質を改善するために重要なポイントを3つご紹介します。

画像: 便秘は生活習慣の結果

① 軽度の運動

運動不足は便秘を発生させる大きな原因の一つです。
筋肉は血液を循環させるだけでなく、体を温めたり、私たちが健康で生きていくために必要な役割をいくつも担っています。

スムーズな排便に関していえば、筋力が低下すると体が冷えやすくなりますので、腸内運動は鈍くなります。さらに、血液の流れが悪くなり、代謝は落ち、排便リズムも乱れます。
つまり、筋力の低下は、便秘を引き起こす可能性を高めるといっても過言ではないのです。
さたに、元来女性の体は男性よりも筋肉量が少ないので、男性に比べると筋肉が担っている役割も力が弱いのです。もともと少ない筋肉、力は、使わなければどんどん少なくなり、力も弱くなります。

筋肉トレーニングは男性のイメージが強いですが、男女の体の構造上、本当に運動が必要なのは男性よりもむしろ女性なのです。
負荷の強い運動である必要はありまんので、毎日続けられる軽度な運動を習慣にしましょう。

画像: ① 軽度の運動

② 腸内環境を整える

全ての人には言えませんが、「腸内環境が乱れる=便秘になる」という図式は成り立つと思います。腸内環境が乱れているとき、腸内では悪玉菌が優位となります。悪玉菌は排便を邪魔するどころか、有害物質を発生させ、体臭や口臭にまで影響を及ぼします。

腸内環境を整えるためには、悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことが大切です。
善玉菌を増やすためには、食物繊維を積極的に摂ったり、発酵食品を積極的に摂ることが大切です。それだけでなく、砂糖が多く含まれる悪玉菌のエサとなる「動物性脂肪」は控えることも重要です。

③ 常温以上の水分を補給

便秘中、水分の摂取は必要不可欠です。
便は水分が足りないと、排出がスムーズに行われません。
ただし、水分といっても、ただ飲み物を摂取すれば良いわけではありません。
冷えた水は体を冷やす原因になりますので、常温以上の水分を飲むことが必須です。
温かい飲み物は内臓を温めます。内臓を温めると、体内機能の向上、血行促進、便通改善に大きな効果が期待できます。

また、飲むタイミングも重要です。理想的な水分は1日2Lとも言われていますが、一度にたくさんの量を摂取するのではなく、こまめに飲むことです。

おわりに

便秘は一時的に良くなったとしても、便秘習慣になってしまっている方は根本的に原因を解決しなければまた同じことを繰り返すだけです。 適切な食事、運動、あらゆる習慣を根気よく続けることで、自然な排便リズムを手に入れることが出来るはずですよ。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.