食べる物より「飲む物」を気を付けることが重要!?

当然ですが、ダイエット中はいつもより「食べる」という行為が減ります。
その分、代謝を上げるために「飲む」という行為が増えます。つまり、飲み物を口にする回数の方が多くなるわけですから、何を飲むかがダイエットの結果を左右するといっても良いのではないでしょうか。では具体的にどんな飲み物がダイエット向きなのでしょう?

画像: 食べる物より「飲む物」を気を付けることが重要!?

体質改善をサポートする飲み物

① 緑茶以外のお茶

お茶に含まれるカテキンを始めとしたクロロゲン酸などのポリフェノールや食物繊維、サポニンなどの成分が脂肪の吸収をゆるやかにしてくれるので、ダイエット中には最適です。
また、お茶はミネラルも豊富ですので余分な水分の排出を促す働きもあります。
ただし、常飲する際は「緑茶」はおすすめしません。緑茶はカテキンが豊富で優れたお茶なのですが、他のお茶と比べると利尿作用が強いので、常飲してしまうと体内の必要な水分まで過剰に排出してしまう恐れがあるのです。
おすすめのお茶は、ウーロン茶・ジャスミン茶・ゴボウ茶などです。

画像: ① 緑茶以外のお茶

② 白湯

当然ですが白湯は水ですのでカロリーは0です。
カロリーは0なのに、体を温めて、代謝を上げるので、非常にダイエット向きな飲み物といえます。白湯は体が芯から温まるので、内臓の働きも活発になり、全身の血行が良くなります。朝起きた時や夜寝る前はもちろんですが、毎食時に1杯ずつ飲むようにすることで、代謝の高い状態を維持することができますよ。

ちなみに、白湯に慣れない、そのままでは飲めないという方は、レモン汁を数滴入れたり、少量のはちみつを入れると飲みやすくなるのでおすすめです。

画像: ② 白湯

③ 豆乳

豆乳には大豆サポニンやイソフラボンといった健康だけでなく美容にも良い成分が含まれています。豆乳は比較的カロリーのある飲み物ではあるのですが、大豆サポニンには満腹感を与えてくれる作用がありますので、食欲を抑えることができます。

食べ物から得られるイソフラボンの摂取量はだいたい70g程度なのですが、豆乳は200mlでおよそ50mgも摂取できるほど含有量が豊富なのです。
無調整の豆乳であればカロリーも低めなので、ダイエット中でもおすすめです。

おわりに

ダイエット中に関わらず、年中冷たい飲み物はおすすめしません。
冷たい飲み物は体だけでなく、内臓を冷やします。
に常温・ホットで飲める飲み物を選びましょう。暑い夏はキリッと冷たい飲み物が飲みたくなりますが、そこはぐっとこらえて、常温のもの、もしくはホットの飲み物を選ぶことが痩せ体質をつくるうえで大切なことです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.