便秘に効果的なコーヒーの量は?

コーヒーを便秘解消のアイテムとして飲むのであれば、1日1杯~3杯を目安に飲むことがおすすめです。1杯の量はだいたい200ml程度ですので、多めに飲まないようにカップも小さめのものを用意した方が良いかもしれませんね。

1日3杯以上コーヒーを飲み続けると、体の中でタンニンが綺麗に排出されず、蓄積してしまう可能性が高くなりますので、3杯以上はおすすめしません。タンニンが蓄積されてしまうと、かえって便秘を引き起こす恐れもありますので注意しましょう。

画像: 便秘に効果的なコーヒーの量は?

飲むタイミングは?

便秘解消を目的とした場合、コーヒーを飲む最高のタイミングは朝起きてすぐと、昼食前、夜寝る直前です。

目覚めの1杯は、睡眠中に休んでいた腸を一気に活発にさせ、腸が元気よく運動を始めます。昼食前の1杯は、先に水分をベースに入れることで、食事の代謝を促します。そして、寝る直前に飲むことによってコーヒーに含まれるリラックス成分が、入眠しやすい状態をサポートします。

ちなみにコーヒーは寝る前に飲むとよくない、眠れなくなるという方がいますが、1杯、またはカップ半分程度の量であればカフェインによって眠気が覚めてしまう心配はないはずですが、気になるようであれば寝る1時間前の摂取をおすすめします。

コーヒーでの便秘解消の期間は1週間と決めて実行してください。もしも1週間継続して何の効果も感じなければ、それ以上続けるのではなく、飲むのは控えましょう。

画像: 飲むタイミングは?

便秘解消としてコーヒーを飲む際の注意点

① 冷たいコーヒーよりも温かいコーヒーを飲む

必ず守ってほしいことの一つに、コーヒーの温度があります。
冷たい方が腸に効くんじゃ…と思いがちですが、冷たい状態でコーヒーを何度も飲むと、腸へと刺激が強すぎて、便秘解消どころか下痢になってしまうこともあります。
温かいよりも少しだけ熱いくらいの50度程度の温度で飲むと、内臓の温度が上がり、基礎代謝も上がりますので、腸も活発になりやすい状態をつくることができます。

② 砂糖は入れない

出来れば無糖のコーヒーをおすすめします。というのも、砂糖というのは善玉菌の大好物なので、腸内環境が悪化しやすくなってしまうのです。
しかし、ブラックは飲めない!という方もいるでしょう。そんな方は、砂糖ではなく「オリゴ糖」をおすすめします。オリゴ糖も甘味料なのですが、砂糖と違って悪玉菌のエサではなく、善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えます。
砂糖よりも甘さは薄いのですが、便秘時には砂糖はオリゴ糖に切り替えることをおすすめします。

画像: ② 砂糖は入れない

おわりに

コーヒーは薬ではありませんが、飲む量・飲み方を正しく守って飲むことによって便秘解消により効果的になりますよ!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.