近年話題の「糖質カット」の正体

糖質カットとは、炭水化物としてまとめられる、白米、パン、麺、などの糖質が高い食べ物の摂取を控えるダイエットのことです。
では、なぜ糖質を控えると痩せるのでしょう?

理由は血糖値にあります。糖質を摂取すると血糖値が上昇します。この血糖値を下げるために、肝臓からはインスリンというホルモンがつくられます。このインスリンの分泌が過剰になってしまうと、血中の糖質と結びついて、脂肪になってしまうのです。

血糖値が高くなればなるほど下げるためにインスリンの分泌が活発になりますので、なるべくる血糖値が上がる状態を作らないことが脂肪を作らないことに繋がるという発想のもとに生まれたのが糖質カットダイエットなのです。

画像: 近年話題の「糖質カット」の正体

糖質カットのメリット・デメリット

糖質カットの大きなメリットは炭水化物が多い物さえ控えれば、他の食べ物は普通に食べて良いということにあります。お肉もお魚も、種類は限定されますがお酒もOKです。食べるものの制限がほとんどありませんので、無理なく、ストレスを感じずに継続できるところもメリットの一つです。
デメリットとしては、炭水化物(ごはん・パン・麺)が好きな人にとっては非常に過酷なダイエットですよね。

また、糖質カットダイエットに対して否定的な考えを持つお医者さまが一定数いるのもデメリットになるかもしれません。というのも、糖質カットダイエットは長期間に渡る臨床データがないので、安全性や効果について科学的な根拠がないともいわれているのです。
ただ、実際に糖質カットで体重や体脂肪はもちろん、血糖値や高血圧が下がったという成果が出ている人もたくさんいるのも事実です。

画像: 糖質カットのメリット・デメリット

糖質カットダイエットの方法

糖質カットダイエットは非常にシンプルです。
炭水化物の塊と呼ばれる糖質の多いものを制限すれば良いのです。
ちなみに、基本的に糖質はどの食べ物にも含まれているので完全に食べないというのは難しいですし、おすすめもしません。糖質カットはあくまでも、糖質を減らすことにあります。ではもう少し具体的なポイントをご紹介します。

【ポイント1】

糖質以外の、肉類、魚、甲殻類、豆腐、チーズなどのタ食品はしっかり食べる!
ここをカットしてしまうと、体が維持できませんし、代謝も落ちます。糖質カットは糖質を減らしながら、他は通常通りに食べることが大切です。

【ポイント2】

炭水化物でもとくにパン、麺類、お菓子など血糖値が一気に上がる炭水化物は避けるようにしましょう。糖質摂取の際は、白米を推奨します。白米は他の炭水化物と同様に糖質の塊ではあるものの、カロリーも低いですし、脂質気になりません。

【ポイント3】

夕食だけは糖質を完全に抜く。きつければ他の2食のさらに半分程度の量にしましょう。
夜は消化・代謝機能が落ちますので、糖質の摂取はなるべく控えましょう。

【ポイント4】

お酒は、焼酎・ウィスキー・ランデーなどの蒸留酒であればOK。
ビールや日本酒、ワインは糖質が高いので控えましょう。

画像: 【ポイント4】

おわりに

ダイエットだからといって肉類まで摂らない方がいますが、糖質カットダイエットの場合、むしろ肉類の摂取が推奨されています。糖質カットダイエットの魅力はダイエット中なのに肉類を食べられるということも魅力の一つなのです。

過剰な糖質はカットしつつも、肉類、魚、野菜をしっかり摂取していくことが正しい糖質カットダイエットですので、少しでも早く効果を出したいからといって肉類をカットするのは止めてくださいね。お肉を食べて良いダイエットが正しい糖質カットダイエットです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.