洗顔はお湯の温度が重要

年中毎日欠かさず行う洗顔ですが、自分の気分や状態によって水温を変えてはいませんか?熱い夏は冷たいお水で洗ったり、寒い冬はいつもより温かいお湯で洗ったりといった水温の変動は肌にとっては良いことではありません。
スキンケア用品をころころ変えることもそうですが、洗顔の仕方も日によって変えることは肌にとっては負担にしかならないのです。

肌にとっては、洗顔する時間や使う洗顔料、洗うお湯の温度まで、いつも一定であることが肌に優しいことなのです。では、顔を洗う際に最適な水温とは何度なのでしょうか?

画像: 洗顔はお湯の温度が重要

熱すぎても冷たすぎてもダメ!

「ちょっと冷たいかな?」と感じる温度の水で顔を洗うと、日中付着した皮脂やを完全に落としきることは出来ず、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

また「ちょっと熱いかな?」と感じる温度もNGです。温度が高いと皮脂や汚れや落ちますが、必要な皮脂や大切な潤い成分まで一緒に流れ落ちてしまいますし、肌の乾燥を招きます。洗顔時の水は、熱すぎても冷たすぎてもダメなのです。これは洗顔する際の水温だけでなく、部屋の温度も同じことがいえます。夏だからといって温度を下げ過ぎることも、冬だからと言って温度を上げ過ぎることも、皮膚にとっては優しくありません。

画像: 熱すぎても冷たすぎてもダメ!

おすすめの温度は36度以下

じゃあ洗顔に最適な水温って一体何℃なの!?と思いますよね。
一般的に、顔の表面平均温度は34度前後と言われています。34度というのは、指先で触れると、ぬるま湯がさらに冷めかかっているような温度です。

洗顔の際に最も皮膚へのダメージを防げる水温は、顔の表面温度と同じくらいの温度なのです。もちろん、顔の表面温度には個人差がありますので、34度以上の方もいれば、もっと低い方もいるでしょう。ですから、一概に「〇度が最適!」とは言い切れないのです。
ただ、一般的には顔の表面温度は36度以下ですので、それ以上の温度で顔を洗わないことが重要です。

画像: おすすめの温度は36度以下

おわりに

洗顔するたびにいちいちお湯の温度なんて測ってられない!という方もいますが、お湯の温度を計る必要はありません。
潤い成分を逃さない最適のお湯の温度は触るだけでわかります。
お湯を触ってみて、「温かいなぁ~」と思ったら、それは洗顔の温度には適していません。
指先で触れて、「温かい」温度というのは、顔の皮膚にとっては熱い温度ですので、「温かい」と思ったお湯からもう1段階下げてみてください。それが顔の皮膚にとっては適温ですので、ぜひためしてみてくださいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.