寒天は食物繊維が豊富!

無色透明無味無臭なことから、寒天は栄養がないんじゃ…と思われる方も多いでしょう。
しかし、実は寒天100gあたり80gの食物繊維が含まれているのです。これは、あらゆる食品の中でもトップレベルの食物繊維の量なのです。

食物繊維には、便通解消に非常に有効な働きを持っています。
まず、腸内の掃除をして、溜まっている便を外へ促す作用を持っています。このとき、悪玉菌から生まれた有害物質なども一緒に便と排出してくれるのです。

さらに、寒天は水溶性食物繊維ですので、腸を刺激するだけでなく、ぜん動運動も活発にし、ゼリー状の寒天の性質により、腸管内を滑りやすくします。

ほかにも、水溶性食物繊維は善玉菌の大好物なので、腸内で善玉菌を増やしてくれます。そんな素晴らしい働きを持っているのに寒天のカロリーはほぼ0kcal!
食物繊維だけでなく、実は、カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなどのミネラルも豊富に含まれているのです。

画像: 寒天は食物繊維が豊富!

便秘解消!コーヒーゼリーの作り方

そんな便秘解消にぴったりな寒天と、便秘解消をサポートする成分を持つコーヒーを合わせたものが「コーヒーゼリー」です。
相乗効果だけでなく、コーヒーが苦手な方、飲むことに飽きた方にもおすすめです。
では、簡単な作り方をご紹介します。

【材料】

水・コーヒー・寒天粉

【作り方】

① 鍋に500cc程度の水を入れ、火にかけます
② 水が沸騰する前に、寒天粉を5gを入れます
③ 軽く混ぜて、沸騰させます
④ 2~3分煮立たせたら、インスタントコーヒー粉10gを加え、2分煮立たせます
⑤ 火を止め、粗熱を取ったら容器に入れます
⑥ 冷蔵庫で冷やし、全体が固まったら完成です

画像: 便秘解消!コーヒーゼリーの作り方

砂糖よりもオリゴ糖が良い理由

コーヒーもコーヒーゼリーも甘味が欲しいところですが、砂糖ではなく、オリゴ糖を使ってください。

大腸の中には「善玉菌」と「善玉菌」が住んでいます。この2つは犬猿の仲ですので、ほぼ毎日のように腸内で戦っています。もしも善玉菌が圧されて、悪玉菌が優勢になってしまうと、大腸の動きは鈍くなり、腸内環境は乱れます。腸内環境が乱れると、便秘も悪化してしまいまうのです。
砂糖は悪玉菌の大好物ですので、便秘中に積極的に摂ると悪玉菌を優勢にさせ、腸内を乱れさせる恐れがあります。一方、オリゴ糖は善玉菌の大好物ですので、悪玉菌を増やすことなく、むしろ善玉菌を増やします。

つまり、便秘中はもちろんですが、腸内は常に善玉菌が優勢であることが望ましいのです。善玉菌が優勢であることによって、大腸の動きは活発の状態を保ち、便秘になりにくい腸を維持することができます。砂糖とくらべると甘味は弱いオリゴ糖ですが、善玉菌の味方ですし、何よりカロリーは砂糖の10分の1程度ですの、女性の強い味方です。


画像: 砂糖よりもオリゴ糖が良い理由

おわりに

便秘中だって美味しく無理なくスッキリしたいですよね。
便秘薬を飲む前に、寒天+コーヒーの相乗効果をぜひ試してみてください!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.