顔は泡で洗う!

あなたは顔を洗う際、洗顔料を手に取ったら、何回泡立てますか?
数回泡立てただけですぐに顔につけてしまう方が少なくない現状がとても残念でなりません…。泡立て終わった後に1つ1つの小さな泡の形が目視で見えている場合、泡立て方が不十分な可能性が高いです。泡立て後に、泡が一つの塊となり、小さな泡の形が見えないくらい密度が濃い状態が正しい泡立て方です。なぜそこまで泡立てなければならないかといいますと、洗顔は洗顔料で洗うのではなく、洗顔料の「泡」で洗うものだからです。

正しい洗顔とは、洗顔料で作った泡を皮膚に乗せ、皮膚に浮き出た肌の汚れを泡に吸着させていくことなのです。また、密度の濃い泡を作ることで、顔の皮膚と指先との間に1枚壁をつくり、皮膚に指先を直接触れさせないというメリットもあります。顔の皮膚は身体の皮膚の中でも非常に薄い箇所ですので、出来るだけ触らないことが肌へのダメージを防ぐことができるのです。ですから、どんなに良い洗顔料を選んだとしても、しっかりと泡立てなければ肌への効果も半減してしまいます。

画像: 顔は泡で洗う!

洗顔料の正しい泡立て方

そこで今回は、簡単にキメの細かい泡が作れるコツをご紹介します。

ポイント① 手をしっかり洗う

洗顔前には必ず手を洗いましょう。手に汚れがついたまま泡立ててても、十分に泡立ちません。石鹸で手を綺麗に洗ってから顔を洗うという習慣を身につけることをおすすめします。

ポイント② ボールと泡だて器のように混ぜる

手の平を軽くに曲げてくぼみを作り、そこへ洗顔料を適量のせます。もう片方の指先でしっかりと泡立てます。片手をボール、もう片手を泡だて器のようにして混ぜていくことがポイントです。

ポイント③ 水と空気を加えながら泡立てる

小さな泡が出来てきたら、少量の水を混ぜ、空気を含ませるように泡立てます。
「泡立ってきたなぁ」と思ってもそこで止めず、さらに水を加えて、空気を含ませながらまた泡立てます。これを数回繰り返すことでもこもこの泡が完成します。

画像: ポイント③ 水と空気を加えながら泡立てる

泡立てネットもおススメ

慣れると手だけでももこもこの細かい泡は作れますが、泡立てネットを使うともっと簡単に泡立てることができます。ただし、泡立てネットもただ適当にくしゃくしゃすれば良いわけではありません。最初に泡立てネットに水を少量含ませてから洗顔料を乗せます。ネットを両手で包み込むようにして何度か揉み込んでいきます。手の平のときと同じように空気をたっぷり含ませるようにしながら泡を作ると、キメの細かい泡の塊が出来ますよ。

画像: 泡立てネットもおススメ

おわりに

洗顔料に固形タイプを使う場合、泡立てるときにネットを使う場合、どちらも使用後はしっかりときれいに洗い乾燥させて保管してください。どちらも濡れたまま放置しておくと細菌が繁殖しやすくなり、衛生的によくありませんし、肌に悪い影響を与える可能性も否めません。使ったものを綺麗に片付けることも、美しい肌を維持する上で大切なことです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.