便秘の症状

どんなに仲の良い友達といえどトイレ事情を話し合うことはしませんよね。
だからこそ人との比較が出来にくく、今の自分の状態がどういう状態なのかが曖昧です。
「私って便秘なのかなぁ?」と思っても、人に聞くこともできません。
ただ単に排便が滞るだけが便秘なわけではないのです。まずは、便秘チェック!

【便秘の諸症状】
・便がぽろぽろ
・便が硬い
・お腹が張る
・肩こり
・身体の冷え
・体がだるい
・便意を感じない

あなたはいくつあてはまりましたか?

画像: 便秘の症状

あなたの便秘はどのタイプ?

一口に便秘といっても、種類があるのをご存知ですか?
便秘は大きく3つのタイプにわけることが出来ます。自分の便秘タイプを知ることで、より的確なアプローチをとることができます!
では、3つのタイプをご紹介します。

① 弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

弛緩性便秘は大腸の働きが低下しているタイプの便秘です。
私たちの体は大腸の筋肉が緩んでしまうと腸のぜん動運動が活発に行われなくなり、排便がスムーズにいかなくなります。すると、上手く排出されずに残った便が、滞留し、やがて便に含まれていた水分が腸壁に吸収されてしまうのです。便から水分が失われると便は硬くなり、排便し辛い状態になります。

【弛緩性便秘の解消法】
弛緩性便秘の解消法としては、大腸の動きを活発にしてあげることが大切です。
弛緩性便秘の特徴に運動不足がありますので、弱くなっている腹筋を鍛えることも有効です。さらに、腸内環境を綺麗にする食物繊維やオリゴ糖を積極的に摂ることも重要ですよ。
また、弛緩性便秘には食物繊維とオリゴ糖が豊富なバナナやさつまいもがおすすめです。
画像: ① 弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

② 直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

直腸性便秘は、便意を我慢しすぎてしまうことで起こるタイプの便秘です。
トイレへ行く時間がなかったり、トイレを後回しにしてしまったり、せっかく便意があるのに我慢しすぎてしまうことによって、直腸まで下りてきている便が排出されずに止まっている状態です。便意の我慢を続けることによって直腸が鈍感になってしまうのです。

【直腸性便秘の解消法】
直腸性便秘の解消法としては、まずは便意を感じたら第一にトイレを優先させることです。
便意は弱くともこの時間になったらトイレに行く!という習慣を作ることもおすすめです。
また、直腸性便秘の場合は、直腸までは下りてきているので、水分補給などを積極的に行って便の下降を促すことも有効です。
画像: ② 直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

③ 痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

痙攣性便秘は、心身の強いストレスによって起きるタイプの便秘です。
休息時間が足りなかったり、睡眠不足だったりと、不規則な生活などよってストレスが蓄積され、便秘になってしまうのです。

【痙攣性便秘の解消法】
痙攣性便秘は、とにかく体を休めることが大切です。
自分の気持ちがリラックスできる環境をつくり、心身ともに落ち着ける時間を確保することで、ストレスを解消しましょう。
画像: ③ 痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

おわりに

自分の便秘タイプを知ることで、より的確なアプローチが出来ますので、早急な改善が見込めますよ。憂鬱な便秘をスッキリ解消して、健やかな明日を手に入れましょう!


画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.