呼吸一つでダイエットが出来る

私たちが普段行っている呼吸は「胸式呼吸」です。簡単にいうと、浅い呼吸をたくさん繰り返しています。それを意識的に「腹式呼吸」にするだけで、痩せやすい体をつくることが出来るのです。腹式呼吸とは、胸式呼吸と違い、深く長い呼吸です。
日常的に腹式呼吸で呼吸をすることはありません。腹式呼吸で食事をしたり、喋ることは難しいからです。
しかし、日常の中に腹式呼吸を取り入れるだけで、体に蓄積された脂肪が燃えやすい状態をつくることができます。ダイエットは継続をしなければ意味がありませんが、呼吸を変えるだけなら継続することも難しくありませんよね。

画像: 呼吸一つでダイエットが出来る

腹式呼吸はナゼ痩せる?

実は、腹式呼吸はただの呼吸ではなく、「ドローイン」という有酸素運動になるのです。
人間が脂肪を燃やすためにはたくさんの酸素が必要です。腹式呼吸は通常の呼吸のときよりもたくさんの酸素を取り入れるので、脂肪が燃えやすい状態を作ることが出来るのです。また、腹式呼吸は大胸筋を使います。大胸筋は身体の筋肉の中でも大きな筋肉です。大きな筋肉を動かすと体の代謝は高まりやすいので、大量の酸素と代謝のUPのWで脂肪にアプローチすることが出来るのです。

画像: 腹式呼吸はナゼ痩せる?

腹式呼吸の仕方

鼻から大きく息を吸い、ゆっくりと口から息を吐き出します。吸うときも吐くときも出来るだけ時間をかけて無理なく行ってください。

ポイントとしては、お腹いっぱいに息を吸い込んだら、5秒程度息を吸い込んだ状態でキープします。そして、息を吸ったときの倍の時間をかけてゆっくり吐き出します。
また、呼吸の際はお腹の膨らみとへこみを意識して、出来るだけ肩や胸が動かないように注意してみてください。常時、この呼吸で生活出来ればそれに越したことはありませんが、それは少し難しいので、1日3~4セットを目安に行ってください。

画像: 腹式呼吸の仕方

おわりに

腹式呼吸は体を芯から温めますので全身が温まります。そのことから、腹式呼吸は冷え性にも有効なのです。人間の体は呼吸が深くなるとより血流が促されますので、冷えやすい手の先や足の先、体の末端まで血液を届けることができます。
ちょっと呼吸を変えるだけで、体の様々な悩みが改善されたら、そんな嬉しいことはないですよね。お金もかからず、労力もかからず、今すぐ実践できる複式呼吸!ぜひ、ためしてみてくださいね。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.