腸内環境を整えるためには、背中のツボ押しが効果的!

背中と内臓は近い場所にありますので、背中の衝撃は内臓に影響を与えやすいといわれています。背中を思い切り叩かれると息が苦しくなるのは、背中と内臓が近い距離にあるからなのです。便秘がひどいと、背中をマッサージすると良いという説があります。それが背中にはたくさんのツボがあり、便秘解消を促すツボも存在するからなのです。
背中のツボ刺激することで、内臓の働きを活性化させ滞りを促すことが出来ます。

画像: 腸内環境を整えるためには、背中のツボ押しが効果的!

便秘太りを解消するツボ

便秘太りを解消するには便秘を解消することです!
便秘を解消するには、鈍感になっている腸の働きを敏感にしてあげることが大切です。
そこで、今回は腸の働きを敏感にするツボを3つご紹介します。

① 便秘点

便秘点とは、名前の通り、腸の働きを促して便秘を解消する効果を持つツボです。
便秘点の場所は、肋骨の一番下から3cm下、背骨から5cm外にありますので、少し腰をひねれば自分でも届きます。自分で押す際は、ウエストのくびれに両手を置いて、それぞれの部位に親指を押し当てるだけです。腰を左右にひねりながら押すと、上手く押せますよ。

② 大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪も、腸の働きを促すことで、便秘やお腹の不快感を和らげる効果を持つツボです。
便秘だけでなく、下痢や腰痛にも有効ですよ。
大腸兪の場所は、腰骨の高さにあり、背骨から3cmほど外側の左右両側にあります。

③ 小腸兪(しょうちょうゆ)

小腸兪は大腸兪のさらに下にあるツボで、腸の働きを活発にして便秘解消を促すツボです。
小腸兪の場所は、腰骨が一番前に出ている高さで、背骨から左右3cmのところにあるツボです。

この3つのツボを押してあげることで、腸から滞っていた便の排出を促すことができるはずですよ。ツボ押しをする前にコップ1杯の水を飲んでから行うと代謝が上がりやすくなりますよ。

画像: ③ 小腸兪(しょうちょうゆ)

おわりに

基本的に、体のどのツボも、「ゆっくり深く押して、ゆっくりと離す」の繰り返しです。
効果を得たいからといって皮膚が赤くなるほどの強い力で押す必要はありません。
親指の腹を使って、深く優しく押すことがポイントですよ。

今回ご紹介したツボは頑張れば自分でも届く場所にあるツボですが、人に押してもらった方がしっかりと圧がかかるので、出来れば押してもらうことをおすすめします。
友達と背中の押し合いっこで、楽しく便秘解消しませんか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.