食前スープダイエット

食事制限のいらないダイエットの中でもとくに注目されているのが「食べるスープダイエット」です。ダイエット方法は非常にシンプルで、食事前に食べる野菜スープを食べるだけです。食前に野菜スープを食べることで、代謝を上げ、燃えやすい体のベースをつくってから食事をすることで、食事の量を減らせれるようになったり、脂肪燃焼効果を発揮したりといった効果が期待できます。

しかし、どんなスープでも良いわけではありません。脂肪燃焼作用がぎゅっと詰まった食材を組み合わせた野菜スープを食べることが大切です。
では、脂肪燃焼スープに最適な食材をご紹介します。

画像: 食前スープダイエット

脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープに入れる食材は、トマト、キャベツ、たまねぎ、きのこ類、鶏のささみです。それぞれの食材にどんな栄養が含まれているのかをご紹介します。

① トマト

トマトには、ビタミン類、リコピンなど、多くの栄養が豊富に含まれています。
さらに、特出すべきは「リノール酸」という成分です。リノール酸は体内脂肪を燃焼してくれる遺伝子を持っていますので、ダイエットにはうってつけです。

② キャベツ

キャベツは、ビタミンCとビタミンKが豊富です。
ビタミンCは血液の流れをよくしたり、疲労回復、肌荒れの改善などといった作用を持っています。また、キャベツは食物繊維が豊富な野菜でもあり、便秘解消だけでなく、肥満の予防などにも果が期待できます。

③ たまねぎ

たまねぎなどのねぎ類には「硫化アリル」という成分が含まれています。
硫化アリルには、血液をサラサラにし、血栓やコレステロールの代謝を上げる作用を持っています。また、中性脂肪を減らしてくれる「ケルチン」という成分が含まれていますので、脂肪を減らすために、たまねぎは欠かせない食べ物です。

④ きのこ類

きのこには食物繊維が豊富です。食物繊維には整腸作用があり、便秘解消にも効果的です。
また、きのこに含まれる「レクチン」には食欲を抑えてくれる働きがありますので、食べ過ぎを予防してくれます。
ほかにも、きのこはビタミンB2が豊富なのも特徴的です。ビタミンB2は脂肪の代謝を助けてくれるので、ダイエットには効果的です。

⑤ ささみ

ささみには、炭水化物と脂肪がほとんど含まれていません。
ささみの主成分は「タンパク質」で、あとは豊富なビタミン類が含まれています。
ビタミン類の中でもささみは「ナイアシン」という成分が豊富です。ナイアシンは糖の代謝を助け、血液をサラサラにします。
また、100gで100キロカロリー程度と、お肉の中でも低カロリーなのもささみの特徴です。
食前に食べるスープは、これらの食材を水とコンソメ、しょうがなどを入れて煮込むだけでOKです。

画像: ⑤ ささみ

おわりに

食べる前に食べることがダイエットになるなんてちょっと信じられませんよね。
しかし、本来「食べること」というのはエネルギーを吸収する行為であり、エネルギーを消費する行為でもあるのです。つまり、食べるものによって、よりエネルギーを燃やしやすくすることが、吸収を抑えることにも繋がるのです。
食前の食べるスープで、エネルギーを吸収しながら、エネルギーを消費しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.