オシャレ女子なら一度はお世話になった事もある“ネイリスト”。大切なデートや結婚式の前に、つま先を綺麗にデコレーションしてもらった人、結構いるのではないでしょうか?今回はこの職業にクローズアップしてご紹介します!

ネイリストってどんな事をしている人なの?

画像: ネイリストってどんな事をしている人なの?

オシャレ大好きな人はすでにご存知の方も多い“ネイリスト”。その業務内容などを、ここでは詳しく説明します。

■ ネイリストは手足の爪を綺麗にする人

ネイリストとは、その名の通りネイル(爪)に装飾を施したり、ジェルネイルなど人工爪を取り付けたりする「爪オシャレ」のプロフェッショナル。時には爪をやすりで削って綺麗にするなど、地道な作業も求められます。

中にはハンドマッサージを行なったり、かかとの角質を取るケースもあるとの事。いずれにしても手足に関係ある箇所を綺麗にするお仕事のようですね。

■ ネイリスト向けの資格も存在!

ネイリストには「ネイリスト技能検定」と「ジェルネイル技能検定」があります。これらの資格を取得しておくと、就職が有利になる事も。主催団体が違いますので、受験を考えたら検定日などそれぞれ確認しておきましょう。

⇒「ネイリスト技能検定」の詳しい内容はコチラ
⇒「ジェルネイル技能検定」の詳しい内容はコチラ

ネイリストになるにはどうしたらいいの?

画像: ネイリストになるにはどうしたらいいの?

ネイリストになりたい!と思ったら、どうしたらいいのでしょうか?その方法をまとめてみました。

■ 通信や通学スクールで受講してみる

就業前にネイル装飾をマスターしたい!そう思ったらスクールでのネイリスト養成講座受講を考えてみましょう。スクーリングメイン、あるいは通信教育で独学で学ぶ方法があります。予算など、自分に合った方を受講してみましょう。


■ サロンに直接就職して技術を学ぶ!

一番手っ取り早い方法として、ネイルサロンに就職してノウハウを覚えるやり方があります。サロン以外にも結婚式場や美容院で募集しているケースもあるそう。

ただし、資格を持っていないとダメ!というところが多いようです。履歴書を送る前に、そうした気になる事は確認してみましょうね。

気になる年収、お休みなどはどうなってるの?

画像: 気になる年収、お休みなどはどうなってるの?

では、ネイリストになった時の待遇はどうでしょうか?どのような人がなっているのかも調べてみました。

■ 年収はさほど高くない…

ネイリストの平均年収はだいたい300万円くらい。ただし、独立開業して固定客がついたり、腕のいいネイリストになれれば年収UPが望めます。ネイルサロンの経営者となって働いている方も中にはいる模様。

■ お休みは不定休と考えて良い

ショップ店員やリフレクソロジストなど、他の美を職業とする人同様、シフト制のお仕事です。多くの人が休みを取る土日などはお客さんがたくさん来る事もあり、休めない事が多いと考えておきましょう。

■ 専業主婦、OLさんがネイリストになる事も!

ネイリスト検定などの資格はあるものの、全くの未経験からなっている人もいる職業です。そのため、思ったよりもネイリストになるハードルは低いと言えますね。

お金をいっぱい稼ぎたい!土日はしっかり休みを取りたい!そうした人よりも、オシャレが好きで人の喜ぶ顔を見るのが好き、という人がこの仕事は向いています。

まとめ: ネイリストはつま先オシャレのプロ!

末端アートの魔術師・ネイリストに焦点を当ててご紹介しました。皆さんの気になるポイントにお答えできたでしょうか?

オシャレに興味があり、細かい作業が苦にならない方には、天職と言えそうですね。気になる方はスクールなどからパンフレットを取り寄せてみてはいかがでしょうか?

⇒美容のお仕事シリーズ「リフレクソロジスト」をご紹介!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.