皆さん、筋トレにどんなイメージを持たれていますか?マッチョを目指す本格的な筋トレもありますが、ダイエット向けの筋トレだってあるんです!今回は食事制限なしでも痩せられる「筋トレダイエット」に迫ってみました。

筋トレはなぜダイエットに向いているの?

画像: 筋トレはなぜダイエットに向いているの?

“筋トレ”と聞き、多くの方がその後のイメージとして挙げるのがボディビルダーのような体つきだと思います。しかし、そうしたハードなトレーニングのみが筋トレの全てではありません。

筋トレはうまく行なうと、ダイエットにつながりやすくなります。それはどうしてか、ご説明します。

■ 代謝が上がり太りにくい体を作れる!

ダイエットで注意して欲しいポイントは「食事」と「運動」が挙げられます。食事制限でダイエットをしたい場合、毎食のカロリー計算をする手間や、食べられないストレスで過食に走るなど、色々苦労しやすいもの。

その点、筋トレは体の筋肉量を増やす訳ですから、基礎代謝(きそたいしゃ:じっとしてても消費されるエネルギーの事)が上がります。以前と同じ量食べても痩せやすい体を作れるので、自然と減量がされやすいんです。

筋トレする上で注意点は何があるの?

画像: 筋トレする上で注意点は何があるの?

ここまで読んで、筋トレを始めよう!と思ったあなた!筋トレ初心者には注意して欲しいポイントがあります。いくつかまとめましたので、今後の参考にしてください。


■ 必ず準備運動をしてください

ジョギングや水泳などと同じように、筋トレも「スポーツ」と考えましょう。準備運動で体をしっかり温めてから、筋トレは行なってください。特に冬の時期は体が冷えた状態が続きやすいもの。暖房の効いた部屋で筋トレをするなどの工夫をしましょうね。

■ いきなりハードなものから始めない

筋トレ初心者は、きついトレーニングに走りやすい傾向があります。いきなり厳しめの筋トレを開始すると、筋肉痛になり、その後長続きしない可能性も。筋トレは少し余裕を持って行なうのがベストです!

自宅で出来る簡単筋トレ方法をご紹介!

画像: 自宅で出来る簡単筋トレ方法をご紹介!

ジムで専用マシーンを使って筋トレをしてもいいですが、自宅でも簡単に筋肉を鍛えられます。今回はその一つ、お腹のマッスルトレーニングをご紹介します。

  1. 床に仰向けに寝そべります。
  2. 両足を床に対して垂直に上げてください。
  3. その状態のまま、両足を徐々に床へと下ろします。このとき、足は曲げず、まっすぐのままをキープしましょう。
  4. 両足が床につくスレスレまで持っていったら、また両足を床に垂直になるよう持ち上げてください。
  5. 2〜4を10回繰り返しましょう。

筋トレで自慢のボディを目指しちゃおう!

筋トレでダイエットをするメリットは、むやみに食事を制限しなくて良い事と、体が引き締まり見栄えが良くなる事。今まで筋トレに興味がなかった人も、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.