便秘を引き起こす飲み物がある

普段日常的に飲んでいるものってだいたい毎日同じですよね。
コーヒー、紅茶、緑茶、ジュースなど、色々な飲み物がありますが、あなたは日常的に何をメインに飲んでいますか?いつも飲んでいるものを思い浮かべてみてください。
飲み物の中には、知らず知らずのうちに便秘原因になってしまっているものもあるのを知っていますか?
便秘解消を遅らせる可能性がある腸に負担をかけてしまう飲み物とは何なのでしょうか?

画像: 便秘を引き起こす飲み物がある

腸に負担がかかる飲み物

① ジュース、清涼飲料水

ジュースや清涼飲料水の原材料をチェックしていただくとわかるかと思いますが、原材料の始めにほぼ必ず「砂糖」が入っています。原材料表示は含有量が多いものから表示されていることが多いので、並び順から砂糖の含有量の高さがわかります。
ジュースの甘みである砂糖は体を冷やし、腸の動きを鈍くしますので常飲にはおすすめしません。

② カフェインを多く含む飲み物

カフェインを多く含む飲み物は強い利尿作用がありますので、トレイの回数が増えます。このとき、水分補給した量よりも多くの尿が出てしまい、体内は水分不足になりやすくなります。体内の水分不足は便秘の大きな原因ですので、利尿作用のあるカフェインを含むコーヒーや紅茶の摂り過ぎは注意が必要です。
しかし、カフェインによって胃の働きが活発になり便秘が解消できるということもあります。ただし飲み過ぎは便秘になる確率を上げますので、1日3杯以内に抑えましょう。

画像: ② カフェインを多く含む飲み物

③ タンニンを多く含む飲み物

タンニンはポリフェノールの一種です。渋み成分で、赤ワインや緑茶などに多く含まれているのですが、腸の動きを低下させて血管を収縮させる作用があるため、便秘になりやすいのです。ただし、ポリフェノール自体は体に良い成分ですの摂りすぎなければ問題はありません。便秘体質の方や便秘気味の方は時や控えるようにしましょう。

④ アルコール

アルコールの中でも、ビール、日本酒、焼酎などはとくに便秘の原因となりやすいアルコール印象です。アルコールはどの飲み物よりも胃腸の疲弊が強いので、代謝にも時間がかかります。

画像: ④ アルコール

おわりに

便秘を悪化させてしまう飲み物の中には、便秘中にはおすすめできないだけで体に良いものもたくさんあります。ですから、何がなんでも飲んではダメ!というわけではありません。必要以上にたくさん飲んでしまうと、飲み物それぞれが持つ作用が強くなり、便秘になりやすくなってしまうので、飲みすぎ+便秘中は控えてください。

体に良い飲み物NO1である「水」でさえ、飲みすぎると「水毒」となるのですから、なんでもほどほどに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.