美肌にはフルーツ!

肌に悩みがある女性の多くに、体に不調が現れているそうです。
つまり、肌だけに問題があるのではなく、肌を内側からつくっている食習慣の中に肌へダメージを与える原因があるのです。ですから、肌を見直すとき、必ず食習慣を見直す必要があります。そこで今回は、肌ダメージを予防し・回復する食べ物をおすすめします。
肌ダメージから肌を救い、内側から肌を美しくする食べ物とは、「いちご」です。
では、いちごの持つパワーとは?

1.美白にはいちごのビタミンC

シミやくすみ、ニキビ跡などが気になる方はビタミンCを積極的に摂取する必要があります。ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えて毛穴の詰まりを予防するだけでなく、コラーゲンの生成の促進、メラニンの還元効果など、美白に重要なあらゆる作用を担っています。

いちごに含まれるビタミンCはみかんの2倍も含まれているそうで、フルーツの中でもトップクラスの含有量なのです。
また、ビタミンCは熱に弱いのですが、野菜と違って、いちごは加熱して食べる必要がないので、成分を損失することなくビタミンCを摂ることができます。

画像: 1.美白にはいちごのビタミンC

2.吹き出物にはいちごのビタミンB群

体内からビタミンB群が不足すると皮脂は過剰分泌します。
皮脂が過剰分泌すると、肌荒れを起こしやすくなり、治りにくくなります。
ビタミンB群の中でも特に吹き出物などの肌荒れに効果的なビタミンが、ビタミンB2・B6です。ビタミンB2・B6は皮脂の分泌を抑えて健やかな肌へと作用します。
いちごにはビタミンB2・B6はもちろん、ビタミンB群の多くが詰まっています!

3.乾燥にはいちごのビタミンA

肌の乾燥はただ、肌表面が乾燥するだけでなく、あらゆる肌トラブルの原因になります。乾燥から、かゆみ、かさつき、シワ、シミ、たるみなど、あらゆる肌老化現象を引き起こすこともあります。肌乾燥を防ぎ、改善するためには、スキンケアでを徹底するだけでなく、体の中から潤い成分を摂取して体全体を潤すことが大切です。
いちごに含まれるビタミンAには、肌の生まれ変わりを促し、ターンオーバーを正常に整える働きをもっています。ターンオーバーが正常になることで、肌の基礎力を高めて肌トラブルに強い肌を作ります。

画像: 3.乾燥にはいちごのビタミンA

おわりに

いちごに含まれるの意外な成分に「キシリトール」があります。
キシリトールとは歯磨き粉やガムに配合されているあのキシリトールです。
キシリトールは天然素材の甘味料で、甘みがあるのに砂糖と比べてカロリーも低いという特徴があります。また、虫歯の原因となる菌にも強いので、虫歯予防にもなります。
いちごに詰まったキレイを食べつくしましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.