NG行動① 朝にフルーツを食べる

ビタミンCが豊富のフルーツを朝に食べている女性は少なくないのではないでしょうか。ただし、柑橘系のフルーツに含まれている「ソラレン」という成分には、紫外線に敏感に反応してしまう性質を持っているんです。また、ソラレンを含む食べ物は紫外線を吸収しやすくしてしまう作用も持っています。そのため、肌に赤み、シミなどの色素沈着を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。
ソラレンは摂取して2時間程度で成分が全身に行き届きますので、これから外出するという前にはソラレンを含む食べものは控えましょう。
ソラレンが含んだフルーツは、オレンジ・グレープフルーツ・キウイ・アセロラ・レモンといったものが代表的なものです。

NG行動② 朝スムージー

毎朝スムージーを飲んでいる人は要注意です!
グリーンスムージーに用いられる、セロリ・みつば・パセリ・ニンジン・きゅうり・シソ
などの野菜は、上記で説明したソラレンが含まれています。
これらを使用したスムージーを飲んでしまうと、いつもよりも紫外線を受けやすくなってしまいますので、スムージーの材料には注意しましょう!

画像: NG行動② 朝スムージー

NG行動③ 白い服の着用

白だけでなく淡い色の服は、紫外線の照り返しによって顔が日に焼けてしまう可能性があります。白い服というのは、いわば写真のレフ板のような効果を持っているんです。
紫外線対策のためには白い服よりも黒などの暗い色を選ぶとよいですよ。

NG行動④前日のアルコール摂取

朝にアルコール摂取はあまり聞きませんが、前日はどうでしょうか?
前日にお酒をたくさん飲んでいると、体の中はまだお酒が抜けきっていない状態です。
アルコールが入っている状態で紫外線を浴びてしまうと、皮膚の炎症が促されてしまう可能性があるのです。紫外線を浴びてしまった肌というのは、一種の軽火傷を受けている状態ですので、それ以上炎症が促されてしまうとシワやシミがより出来やすくなってしまうのです。アルコールは翌日に持ち越さない程度に摂取しましょう。

画像: NG行動④前日のアルコール摂取

おわりに

紫外線は毎日のちょっとした量でも、肌は記憶しています。ちょっとした量でも、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年、3年、5年、10年と蓄積していくことで、肌にとっては強い紫外線を浴びたことと等しくなってしまうのです。
紫外線は、肌のハリを生む「エラスチン」の生産を低下させ、肌のシワやたるみを生む原因となります。NO美白習慣を見直して、朝に美白習慣を!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.