身体がむくむと代謝が落ちる

体がむくんで体重に変化がある場合、代謝の低下による可能性が高いです。
むくんで体重が増えるのは、水分がたまっているから?と思われる方もいるでしょう。しかし、体がむくむから体重が増加するというよりは、体がむくんで代謝が低下するから太りやすい体質になってしまうという方が正しいのです。

画像: 身体がむくむと代謝が落ちる

代謝が落ちる=エネルギー消費効率が落ちる

摂った食事が全て脂肪とならないのは、体の中で代謝活動が行われているからです。
この代謝活動が低下してしまうと、エネルギー効率も悪くなり、摂った食事も脂肪になりやすくなってしまうのです。
代謝が落ちるということは、摂った食べ物(エネルギー)の体内消費効率が落ちるということなのです。同じものを食べても、脂肪になってしまう人と脂肪になりにくい人に分かれてしまうのは代謝力の違いにあるのです。

画像: 代謝が落ちる=エネルギー消費効率が落ちる

むくみの原因は「タンパク不足」かも!?

むくみの原因には色々なものがあります。主に、長時間同じ体勢でいたり、塩分の摂り過ぎだったり、体が冷えていたりといったことがむくみの原因として広く知られていますよね。しかし、実はあまり知られていないのですが、むくみの原因の一つに「タンパク不足」というものがあるんです。

これは、栄養不良症状の一つでもあるのですが、体からタンパク質が不足すると体はむくみやすい体質になりやすくなるのです。というのも、体からタンパク質が不足すると、体は筋肉などを分解してエネルギーを作ります。この時、疲労物質でもある乳酸が発生します。この乳酸が、疲れ、肩こり、肌荒れ、むくみといった症状を引き起こすのです。

野菜中心の食生活になってはいませんか?野菜をたくさん食べていても、肉や魚に多く含まれるビタミンやアミノ酸は野菜では摂取することはできません。
むくみの原因がどうしても見当たらないときは、食生活が原因かもしれませんよ。

画像: むくみの原因は「タンパク不足」かも!?

おわりに

むくんでしまった部分を指で押すと痕が残ってしまう、痕が赤くなってなかなか消えないという場合、むくみがかなりひどくなっている状態です。
ただのむくみではなく、「腎臓疾患」である可能性もあります。人間の体は腎臓機能が低下すると老廃物の排出がスムーズに行われず、体にむくみやすくなります。
押した痕がとれない、痛みがともなっているといったひどいむくみの場合は、セルフケアを止めて、病院で診てもらうことをおすすめします。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.