キレイな腸がキレイな肌をつくる!

キレイな肌をつくるためには肌に良い食べ物をつくるだけではダメ!
食べものを取り込む器である「腸」をキレイにしておかなければ、どんなに良いものを摂り込んでも腸は良い働きをしてくれません。
摂取した栄養をしっかり吸収し、全身へ送り届けてくるような腸をつくることで、肌の再生をサポートするのです。
では、栄養をしっかり吸収できる腸にするための腸内掃除方法をご紹介します!

画像: キレイな腸がキレイな肌をつくる!

腸内掃除方法

① 食物繊維で食べカスを除去

食物繊維には腸内に残る汚れを根こそぎ取り除いてくれる働きがあります。
消化に時間がかかる添加物や食べかすなどの腸に溜まった汚れは食物繊維の摂取で掃除をしましょう。食物繊維が豊富に含まれている食べ物には、こんにゃく・りんご・ごぼうなどがあります。

② 発酵食品で腸内環境を整える

醗酵食品には腸内環境を整える作用を持っています。
また、発酵食品の大きな利点は、必要な栄養を取り入れつつ、余分なものは排出することです。醗酵食品には納豆だけでなく、お酢・味噌・しょうゆなどの醗酵調味料も有効です。
また、成分表示を見て、カタカナ食材が多く記載されている場合はそれだけ添加物で作られているということですの、大豆・米・塩といった漢字表記されている食材や調味料を選ぶことをおすすめします。

③ しっかり噛んで消化作用の負担を減らす

しっかりと噛まずに食べ物を飲み込むと、噛まなかった分だけ消化に時間がかかります。消化に時間がかかるということは、それだけ腸の消化器官が稼働し続けなければなりません。つまり、必要以上に胃腸を疲れさせてしまうことになります。また、消化に時間がかかると食べ物が腸内に長時間存在しているわけですから、腸は汚れやすくなってしまいます。ですから、食事の際は出来るだけ食べ物の形状が小さくなるまでよく噛むようにしましょう。よく噛むことで消化の負担が軽くなります。

画像: ③ しっかり噛んで消化作用の負担を減らす

おわりに

汚れたコップの中に水を入れるとどうなりますか?
どんなにキレイな水でも、容器が汚れていれば、それは汚れた水になってしまいますよね。
人間の体も同じです。どんなに良いものを食べても、体の中が汚れていれば、台無しです。
体に良いもの、美容に良いものを食べる前にはまず、体の中をキレイにしてから!
腸内のお掃除は、腸が疲れているなぁと思ったときだけでなく、定期的に行うをおすすめします。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.