紫外線からは逃れられない…

どんなに紫外線対策をしても私たちは紫外線からは逃れられません。
というのも、私たちの体は直接日光に当たっていなくても、肌や目などの部位から、常に紫外線の影響を受けているのです。

もちろん屋外だけでなく、屋内からもあらゆる光の害が私たちを狙っているのです。
それらの光の害から肌を、そして体を守るためには、内側と外側から紫外線ケアをしてあげることが重要です。

画像: 紫外線からは逃れられない…

1.にんじん

にんじんに含まれるカロテンはシミ・そばかすにも有効だとされています。
にんじんのカロテンは生で食べるよりも、油調理の方が吸収率が高くなりますので、サラダよりも炒め物がおすすめです。また、にんじんの実の部分よりも皮の方がカロテンが多く含まれていますので、なるべく皮ごと食べるようにしましょう。

2.トマト

トマトの赤い色素成分「リコピン」は食べ物の中でもトップクラスの抗酸化作用を持っており、食べる美白美容液といっても過言ではありません。
トマトは生のままでも、過熱しても成分が壊れませんので、様々な調理方法で摂取するこが出来るのもトマトならではです。

画像: 2.トマト

3.ゴーヤ

ゴーヤは野菜の中でも特にビタミンC含有量が高い野菜です。
ビタミンCは美肌効果以外にも、コラーゲンを生成して肌にハリやツヤを与えたりといった働きもあります。また、ゴーヤに含まれる「シトルリン」という成分には強い抗酸化作用を持っているため、紫外線対策にも非常に有効です。
さらに、ゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いので、加熱調理でも成分が失われないのが利点です。

4.サーモン

サーモン、または鮭には「アスタキサンチン」という成分が含まれています。
アスタキサンチンは抗酸化作用がビタミンEの1000倍ともいわれていることから、若返り成分としても非常に優れているのです。アスタキサンチンはただ活性酸素を除去するだけでなく、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑抑えたり、色素沈着を防いだりといった美白には大切な効果がたくさん
アスタキサンチンを積極的に摂取してシミを防ぎましょう。

画像: 4.サーモン

おわりに

UVケアは日傘やクリームなどを塗っているだけではいけません!
体の外側から吸収され、体の内側にまで入ってきますので、体の内側からも一緒にUVケアすることで紫外線対策を徹底することが出来るのです。
食べる紫外線対策で、体の中から美白を目指しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.