便秘を改善してポッコリお腹も解消

食事をした後のお腹がポッコリふくらんでしまうのは当たり前です。しかし、お腹が空いているのに食べた後のようにお腹がポッコリとふくらんでいるときは、便秘が原因となっていることが多いそうです。

便秘は誰にも気づかれないけど、ポッコリお腹は気付かれてしまいます…。
便秘によるポッコリお腹を解消するためにはこまめな水分補給をして、硬くなった便に水分を与えて排出しやすくしてあげることです。また、より良いタイミングで水分補給することで、より高い効果が期待できるんですよ!
では、便秘に効く水を飲むタイミングとは!?

画像: 便秘を改善してポッコリお腹も解消

便秘に有効なタイミング

便秘がなかなか改善されないときは、水を飲むタイミングを変えてみるのも良いかもしれません。同じものを飲んでいても、飲むタイミングによって、体への効き方も変わるんです!では、便秘に有効なタイミングとは?

① 朝に1杯

起きたばかりの胃は空っぽです。
そこにコップ1杯の水を入れることで、休んでいた胃腸の働きを起こします。
休んでいた胃腸は収縮し始めますので、自然と便意を促すようにサポートします。

② 食前・食中・食後に1杯

食事の前の胃腸はほぼ空っぽ状態です。ほぼ空っぽの状態のときに、水を飲むことで胃腸の働きを活発に促すことができます。
さらに、食事中、食後に水を飲むことで食事の代謝を助け、食べ過ぎも予防します。

画像: ② 食前・食中・食後に1杯

③ トイレ休憩のたびに1杯

人間の体は暑さを感じなくても、汗をかいていると感じなくても、生きているだけで水分を失っていきます。トイレに行った後は、なおさらです。汗で自然に水分を排出している以上の水分量を1度のトレイで出しているので、トイレの回数のたびに、水を飲む回数も増やすようにすることが大切です。トイレで出した分以上に補給するように意識して、1日の総合水分補給量を増やしましょう。

④ 入浴の前後に1杯

入浴中は目に見えている以上の量の汗をかいています。
お風呂上りは軽い脱水症状を起こしているようなものですので、入浴の前後でコップ1杯程度の水分補給をして、脱水症状から体を守りましょう。
入浴前後に十分な水分補給をすることで、体の保温効果も高まり、腸の働きも活発になりますよ。

画像: ④ 入浴の前後に1杯

おわりに

基本的に、水分は自分の好きなタイミングで飲んでください。ただし、便秘がひどいときというのは腸内で便の水分保持量が落ちてカラカラになっている可能性が高いので、意識的に水分を摂ろうとすることが大切です。
より効率的に水分を届けるためにタイミングは重要ですので、今回ご紹介した時間帯を意識して摂取してみてくださいね。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.