自立神経は体のあらゆる器官に影響する

自律神経は人間の心身の健康を維持する重要なものです。
主に、体温調節・呼吸・排便など、人間が健やかに生きていくために欠かせない自律神経は、毎日休むことなく動いています。自律神経には緊張や活動しているときに働く「交感神経」と、休息やリラックスしているときに働く「副交感神経」があります。
お互いが交互に繰り返され、支え合うことで、自律神経のバランスは整われているのですが、このバランスが乱れると、各器官にあらゆる影響を及ぼします。

自律神経の乱れが便秘を引き起こすことも…

自律神経のバランスはちょっとしたことで崩れてしまします。一般的には、寝不足、ストレスの蓄積、運動不足、体の冷えなどが原因になります。
自律神経が乱れると、交感神経ばかりが優位になります。交感神経が優位になると、脳(体)は緊張状態が働きますので、血行不良になりやすく、腸のぜん動運動も起こりにくくなってしまうのです…。腸のぜん動運動が低下すると、排便リズムが乱れ、排出も鈍ります。
排便が滞ると、体内で排出されない便が腐敗し、悪臭を発することもあります。これが原因となり、ニキビや肌荒れ、代謝の低下による体の冷えといった症状を起こすこともあるのです…。

画像: 自律神経の乱れが便秘を引き起こすことも…

自律神経を整えるには?

乱れた自律神経を整えるためには、

① 食事
② 睡眠
③ ストレス
この3点を見直すことが重要です。
この中ですぐに改善できるものが①ですので、乱れた自律神経に良い食事をご説明します。

乱れた自律神経を整えるための栄養に「ビタミンE」があります。
ビタミンEは血行促進、抗酸化作用、コレステロールを下げるなど、あらゆる作用を持っています。また、ビタミンEは細胞壁・生体膜の機能の維持に大きく関わっていますので、。欠乏すると、神経機能の低下が起きることもあるのです。
体だけでなく、心(脳)の安定を維持するために、ビタミンEは欠かせない栄養なので、自律神経が乱れているときこそ積極的に摂ることが重要です。

ビタミンEが多く含まれる食べものには、うなぎ・えび・たらこ・アーモンド・赤パプリカ・大根の葉・かぼちゃなどがあります。
ビタミンEは体に貯めておくことが出来ない栄養素ですので、毎日の食事で摂取していくことが大切です。

画像: 自律神経を整えるには?

おわりに

ビタミンEはオイルとの相性が良く、それぞれの効果をさらにUPさせます。
オイルの中でも「オリーブオイル」は、腸を刺激し、排便を促進するため、便秘解消にもおすすめです。また、ビタミンE×オリーブオイルは、排泄をスムーズにするだけでなく、血行促進、肩こり・冷え性の改善、腰痛・生理痛などの症状も和らげてくれます。
自律神経を整えて、カラダの不調を改善しましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.