ダイエット鍋は食材選びが重要!

ダイエット中の鍋におすすめの食材をご紹介します!

① 白菜

白菜は腸の消化を助けて老廃物を流すデトックス効果が期待できる食材です。
90%以上が水分なので栄養価がずば抜けて高いとは言い切れないのですが、含有されてる栄養バランスが非常に良く、低カロリーなので、お鍋のメインとしてたくさん入れてもカロリーオーバーの心配がありませんよ。 

② ねぎ

ねぎは血行を促して新陳代謝を上げる作用持っています。
ただし、くたくたに煮すぎてしまうと栄養が壊れてしまいますので、最後に加えてさっと火を通す程度にしておきましょう。

画像: ② ねぎ

③ もやし

もやしは低カロリーかつ低コストでありかさましもきく食材です。
水分量が豊富なので栄養はあまりないと思われているもやしですが、実は脂質の代謝を上げるビタミンB2や、食物繊維、カリウムが豊富なのでダイエットにもおすすめ食材なのです。もやしは最初に入れてしまいがちですが、栄養を逃さないためには、最後に入れることがおすすめです。

④ ごぼう

ごうぼうは食物繊維が豊富な食材として有名ですが、実はポリフェノールも含まれているのです。ごぼうに含まれるポリフェノールは脂肪を燃やしてれる作用も持っているのです。ただし、ごぼうのアク抜きをしすぎるとごぼうのポリフェノール効果は薄れてしまうので、アク抜きはサッとすませましょう。

画像: ④ ごぼう

⑤ きのこ類

きのこ類はカロリーが低く、食物繊維とカリウムが豊富なので、鍋には最適の食材です。
食物繊維は腸の働きを助けて、カリウムはむくみを改善します。
実は、きのこは冷凍することでうまみ成分がUPする食材ですので、買ったら冷凍し、そのままお鍋に入れると良いですよ。

⑥ 豆腐

豆腐は低カロリーで高タンパクな食材の代表です。ダイエット中は、お肉代わりに食べることも多い豆腐は、鍋でも活躍します。鍋に入れる際は水分が多いので、直接鍋の中に入れるよりも、先に水切りをしたり、レンジで温めて、余分な水分を出してから鍋に入れると、より食べごたえがあり、満腹感が強くなりますよ。

画像: ⑥ 豆腐

おわりに

鍋に使う際のお肉選びもダイエットを左右するポイントになります。
豚肉だとロース、鶏肉ならもも肉よりむね肉やささみなど、それぞれのお肉の脂肪中で出来るだけで油分の少ない部位を選ぶようにすることも大切です。
お肉の油分が少なくパサつきが気になる場合は、鍋に数滴オイル(ゴマ油やオリーブオイルなど)を垂らすと油分を感じることができますよ。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.