冬は乾燥との闘い!

冬は外気が冷たいだけでなく、エアコンなどの風によっても乾燥がすすみます。
夏よりも紫外線の少ない時期であるため、美白ケアを怠ってしまう方もいるかもしれませんが、冬こそ注意が必要なのです。その理由は以下の3点です。

① 夏に浴びた紫外線ダメージがしみとなって表れてしまうから
② 低い外気によって体が冷えて代謝が落ち、ターンオーバーが遅れてしまうから
③ 空気が乾燥して肌の潤いが奪われるから

では、冬の乾燥から肌を守る美白ケアとは?

画像: 冬は乾燥との闘い!

冬の美白ケア方法

① 日焼け止めはSPFが弱いものを使う

紫外線は1年中降り注いでいますので、1年中日焼け止めクリームも欠かせません。
しかし、冬は肌が乾燥しがちですのでSPFが高いものですと、乾燥がすすんでしまいます。日常生活の紫外線レベルであれば、SPF20程度で十分です。

② 朝は蒸しタオル洗顔からスタート

冬は気温の低下によって体の毛細血管が縮まっており、血行が滞りやすくなっています。血行が悪いと、スキンケアの成分がしっかりと浸透しませんせので、スキンケア前や洗顔などの前に蒸しタオルで肌を温めてから始めましょう。
蒸しタオルは、熱いお湯でつくるのではなく、よく絞ったタオルを電子レンジで1分ほど温めて作った方が、手の皮膚の余計な乾燥が防げますよ。

画像: ② 朝は蒸しタオル洗顔からスタート

③ 毎日の入浴は避ける

冬は夏と違って汗をかく量も少なく、体の皮脂も汚れも夏の半分程度です。
シャワーを浴びるだけで体の汚れは半分以上落ちていますので、毎日入浴してしまうと、必要な皮脂や潤い成分もとれすぎてしまいます。
お風呂に入らない日は蒸しタオルなどで体を拭くだけで十分ですよ。

④ ビタミンを多めに摂る

シミやそばかすの原因となるメラニンはメラノサイトから生まれた後は黒くないのですが、メラノサイトから生まれた後に酸化することによって黒く変化してしまうのです。
この酸をビタミンCが持つ抗酸化作用によって除去します!

画像: ④ ビタミンを多めに摂る

おわりに

冬のスキンケアで気をつけなければならないのはスキンケアも同じです。
いつもよりも肌が敏感になっていますので、化粧品をすりこむように塗ったり、こすったりなどの摩擦は大敵です。また、洗顔の際のお湯の温度も気を付けましょう。朝はもちろん夜も寒さゆえに、いつもよりも熱めのお湯で顔を洗ってはいませんか?高い温度での洗顔は肌の乾燥を促しますので、寒くても、40度以下を守りましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.