朝の体内はカラカラ!

人間は寝ている間にコップ1杯の汗をかいています。
これは温かい季節だけではなく、秋や冬といった寒い時期も同じです。
汗をかいたままの体内は水分が足りない脱水状態になっています。ですから、カラカラになった朝の体に水分を与えてあげることはとても大切なのです。
今回は、美容効果を上げる朝の一杯におすすめの飲み物をご紹介します!

画像: 朝の体内はカラカラ!

① 白湯

冷え性の人や、胃腸が弱い人は白湯がおすすめです。
朝から内臓を温めると、血行が良くなり代謝も活発になります。内臓の働きが活発になると寝ている間にたまった老廃物を積極的に排出してくれます。
白湯は電子レンジで水を温めるのではなく、きちんと沸騰させたものを冷ました方が味がまろやかになりますよ。一気に飲まず、ゆっくりと時間をかけて飲むこともポイントです。

② ココナッツウォーター

ココナッツウォーターの特徴は電解質を豊富に含んでいることです。電解質とは、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラルのことで、これらのミネラルは「イオン」と呼ばれ、体内に存在しています。イオンは筋肉の収縮に関わっており、寝ている間にミネラルが失われるとイオンバランスが乱れます。イオンバランスが崩れるとエネルギー代謝や筋肉収縮に影響が出やすく、だるさを感じやすくなります。
ココナッツウォーターの摂取で乱れたイオンバランスを整え、スムーズに動き出しをサポートします。
また、ココナッツウォーターは100g20キロカロリー程度と、非常に低カロリーなので朝の飲み物には最適ですよ。

画像: ② ココナッツウォーター

③ トマトジュース

トマトジュースは活性酸素を除去するリコピンが豊富です。
リコピンの活性酸素を除去する働きビタミンEの100倍ともいわれており、圧倒的なパワーを持ちます。また、トマトにはカリウムも豊富で、むくみにも役立ちますよ。
朝食を食べない人は、朝食代わりにトマトジュースを摂るのも良いかもしれません。

④ 果実酢

お酢に含まれる酢酸には疲労回復、デトックス、血中の脂質を減らすといった効果があります。毎日飲むとなるとただの穀物酢よりも果実酢の方が味も香りも良く、酸味きつくないのでおすすめです。おすすめはリンゴ酢です。
薄めずに少量を飲むのも良いですが、水で薄めて飲むのもおすすめです。
寒い冬の朝などは、果実酢をお湯で割っても美味しいですよ。

おわりに

朝から腸のぜんどう運動を促すことは、体内に余分なものを溜め込まないために大切なことです。慢性的に便秘がちな人は、腸のぜんどう運動が弱い傾向がありますので、排泄の時間帯も安定しません。

朝、しっかり水分を摂ってからトイレに行くというリズムをつくることで、朝スッキリの習慣をつくりましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.