健康な「目」とは?

体が疲れていると、真っ先に体に現れる部位が「目」です。
健康な目というのは、白目に濁りがありません。また、目だけでなく、まぶたにハリがあり、適度に潤いがあります。健康であると、血流の流れが良いので、目にもしっかり栄養が運ばれます。
しかし、体に疲れが溜まると血流が滞ります。血流が渋ると、目が不調症状を起こします。目はどんな状態になると、どんな不調を起こしているのでしょうか?

画像: 健康な「目」とは?

チェックポイント

① 目の周り

【まぶたのむくみ】
まぶたがいつもよりむくんでいるとき、腎臓機能が不調を起こしている可能性があります。腎臓機能が不調を起こすと、水分調整がうまく出来ないので、むくみやすく、いつもより疲れやすかったり、喉が渇いたりといった症状が出ます。

【目下のクマ】
目の下のクマの多くは生活習慣の乱れによる血流の滞りです。
暴飲暴食や疲労の蓄積、睡眠不足、精神的なストレスなどが主な原因です。

【目の周りのくぼみ】
目の周りにくぼみが出来るのは疲労が蓄積している証です。
また、体内の水分が不足している可能性もありますので、休息と水分補給を心がけましょう。

【まぶた裏の色が薄い】
まぶたの裏をめくったとき、白に近い薄いピンク色の場合、体全体の血液が不足している可能性があります。貧血気味になっていますので、休息をとったり、栄養補給をしましょう。

② 白目の色

【黄色い】
白目が黄色い、黄色っぽい場合、肝臓機能が不調を起こしている可能性があります。
肝臓を休ませるために、消化の良いものや温かいものを食べましょう。

【赤い】
白目が赤い、赤っぽい場合、血行不良を起こしている可能性があります。
体が冷えないように、代謝を上げたり、いつもより長い休息時間を確保したりしましょう。

画像: ② 白目の色

おわりに

目の疲れを改善するには、血流を良くするだけでは一時的な改善しか期待できません。

PC作業やデスクワークが多い方は、30分や1時間に1度くらいの間隔で目を休める時間を確保したり、休憩時間にはPCやスマホなどのブルーライト画面を見ないようにするなどしましょう。ちょっとしたことですが、それだけでも、乾ききっていた目の涙の分泌量は増えます。
また、ドラッグストアなどで販売されているビタミンが入った目薬などを活用するのもおすすめです。

毎日のちょっとした習慣をコツコツ続けて、美しい目を手に入れましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.