マグネシウムの効果

マグネシウムはミネラルの一種で、人間が生きる上で欠かせない栄養素です。
主に、エネルギー代謝、たんぱく質の合成、ホルモンバランス・筋肉の動きの調整など、あらゆる活動をマグネシウムが支えています。具体的な効果としては、以下のものがあります。

【マグネシウムの効果】
① 疲労回復
② イライラの解消する
③ 血行促進
④ 体温維持
⑤ 骨の強化する

マグネシウムは、人間が健康で生きていくためには、絶対に必要な栄養素なのです。

画像: マグネシウムの効果

マグネシウムの摂取量と注意点

厚生労働省によると、日本人のマグネシウム1日推奨量は成人男性で370mg、成人女性で290gだそうです。この摂取量を目安に、マグネシウムを摂取しましょう。
現代人はマグネシウムを摂り過ぎるということはほとんどありませんので、積極的に摂取しても「摂り過ぎてるかな?」という心配もありません。

また、マグネシウムは単体で摂取するよりもカルシウムと一緒に摂ることによって、相乗効果を発揮し、より効果が高まるそうです。より効果を高めるためには、マグネシウムの2倍の量のカルシウムを摂取することが良いそうですよ。

画像: マグネシウムの摂取量と注意点

マグネシムを多く含む食品

マグネシウムを食べ物から摂る場合、以下のものがおすすめです!

【海藻類】
あおさ・わかめ・ひじき・こんぶ
【豆類】
納豆・油揚げ・きなこ
【魚介類】
煮干し・干しえび・するめ・あさり
【ナッツ類】
ごま・アーモンド・落花生くるみ

また、最も手近なものに「ココア」があります。ピュアココアと呼ばれる純ココア100gにはおよそ440mgものマグネシウムが含まれてます。
さらに、マグネシウム豊富な牛乳とマグネシウムの相性はばっちりですので、純ミルクココアでマグネシウムを補給するのもおすすめですよ。

画像: マグネシムを多く含む食品

おわりに

マグネシウムが多く含まれる食べ物を見たときに、日本食に使われる食品が多いことに気付きましたでしょうか?
近年、日本人の食生活が欧米化し、肉や乳製品を多く摂るようになりました。そのため、現代人はマグネシウムを食事から摂取しにくくなっているのです。
疲れやすい、便秘気味、体が冷えるといった症状が改善されない場合、マグネシウムが不足しているかもしれません。食事を見直す余裕がない際は、サプリメントなどで手軽に補給してもよいかもしれませんね。マグネシウムを補給して、ストレスに負けない健康な体を作りましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.