むくみを解消する習慣

むくみを防ぎ、解消する方法は特別なことはありません。ちょっとした日常習慣を見直すだけでOKなんです。というのも、むくみは病気ではなく、日々の習慣によって起こっている症状ですので、むくんでしまう習慣を変えるだけで、むくみにくくすることは可能なのです。むくみやすい体質の方は、これからご紹介する生活習慣と自分の習慣を見比べてみてください。

① 塩分を控える

コンビニのお弁当やファーストフードの食事が多い方は、濃い味が好きな方は、塩分を摂り過ぎている可能性があります。塩分を多く摂ってしまうと、体は塩分濃度を下げようと水分を欲します。ここで水分を多く摂ると体内の水分量が増え、むくみが起こりやすくなるのです。

② 体を温める

体が冷えやすい人ほどむくみが起きやすいと言われています。
これは、代謝が低いことが原因の一つです。
冷え性体質の改善は日常の習慣を一つ一つ見直すだけでずいぶん改善されます。
たとえば、いつもシャワー派の方はしっかりと毎日入浴をしたり、冷たいものばかり飲んでいる人は温かいものを飲むようにしたり、薄着の方は重ね着をしたりといった、小さな習慣を一つ一つ見直してみてください。

画像: ② 体を温める

③ 運動をして代謝を上げる

体重を落とすためには、代謝を上げて、エネルギー消費量をUPさせる必要があります。
そのために最も効果的なものが「運動」です。
運動は筋肉をつくるだけでなく、血液の流れを良くするために必要不可欠です。
体に必要な栄養は血液を通して心臓から全身に届けますので、筋肉の力が弱いと、血液が栄養を運ぶ力も弱くなってしまいます。
本格的な運動でなくともかまいませんので、毎日全身をしっかりと動かす習慣をつくりましょう。

④ 1日6時間以上の睡眠時間を確保

代謝の高い健康的な体をつくるためには1日6時間以上の睡眠時間は確保しましょう。
もちろん重要なのは睡眠時間ではなく、睡眠の質なのですが、それにしても一定時間以上の睡眠時間は必要なので、寝具や照明などを自分好みに合わせて、ぐっすり睡眠ができる環境を整えましょう。

画像: ④ 1日6時間以上の睡眠時間を確保

おわりに

むくみによって体重が2〜3kg増える程度であれば、とくに大きな影響はありませんが、それ以上体重が増えてしまった場合、一度内科での受診をおすすめします。
実はむくみだと思っていたものが何らかの病気である可能性も否めません。
ただし、生理前後はホルモンバランスの影響により、普段よりもむくみやすく体重が増えやすいので、生理が終わった後の体を基準にして、むくみの状態を確認してくださいね。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.