サングラスは目から入る紫外線をカット

サングラスは紫外線から目を保護するためのものだと思っている方も少なくありません。しかし、サングラスは単に目を守るものではなく、目から入る紫外線から皮膚を守るためのものなのです。目から入る紫外線はシミやそばかす、肌の日焼けの原因になってしまうメラニン色素がつくられる原因になります。

勘違いしている方も多いのですが、本来メラニン色素は肌を紫外線ダメージから守ってくれるものなのです。しかし、目から紫外線がたくさん入ってきてしまうと、肌を守るための防御反応としてメラニン色素が作られてしまうのです…。

目からの紫外線をしっかりと防ぐことが出来れば、メラニン色素の過剰生成は防ぐことはできますので、出歩くときは毎日サングラスをかけることが理想的なのです。

画像: サングラスは目から入る紫外線をカット

サングラスの効果を2倍にするには?

サングラスを選ぶ際のポイントは「UVカットレンズ」を選ぶことです。
これは、サングラスだけでなく、メガネやコンタクトにもUVカットのものがありますので、出来ればUVカットタイプのものを選ぶようにしましょう。

屋外屋内問わず、紫外線皮膚だけでなく、目からも吸収されますので、サングラスのかけられない屋内のためにはUVカットのコンタクトレンズ・メガネレンズを選ぶことはとても大切なことなのです。さらに、サングラスの効果を上げるポイントがあります!
サングラスを選ぶ際に最も重要なことは、サングラスの「レンズの色」です。
紫外線を防ごうとなるべく黒い色のレンズを選んではいませんか?なんとなくレンズの色が濃い方が目を守れているように思えますが、実は逆なのです。
濃いレンズのサングラスをかけると、視界が暗くなり、通常よりも目の瞳孔が開いてしまい、その分紫外線が体内に入りやすくなってしまうのです。
UVカットの高いサングラスを選ぶことはもちろんですが、色の濃いレンズよりも色の薄いレンズをを選んで、目から入る紫外線を抑えましょう。

画像: サングラスの効果を2倍にするには?

おわりに

実は、サングラスをかけると、目が疲れたり、体調が悪くなってしまう方もいるそうです。
それは、サングラスが自分の視界(目)と合っていない可能性が高いので、不快感がある場合は、メガネ屋さんなどで自分に合ったものを作るのがおすすめです。
「サングラスは紫外線が強い日にかける」という意識も捨てましょう。紫外線は毎日降り注いで、毎日私たちの肌を狙っています。紫外線が毎日降り注いでいるならば、サングラスも毎日かけることが大切です。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.