1.しっかり洗顔をする

肌表面を毎日洗顔することは、ただ皮脂や汚れを取り除くだけではありません。
その日のうちに汚れを落としきることで、古い角質を剥がし、ターンオーバーを助ける役割も持っています。通常であれば、ターンオーバーによって肌は生まれ変わるのですが、肌の古い角質は加齢や体調状態によっては正常にターンオーバーしてくれません。
ですから、毎日の洗顔をきちんと行うことで、時間がかかる皮膚再生をサポートするのです。さらに、皮膚の生まれ変わりが遅いときに有効なのが「ピーリングジェル」です。

ピーリングは肌への刺激が強くかえって肌を傷つけてしまいそうなイメージですが、こすらずに優しく撫でるようにマッサージするだけで古い角質だけが落ちますので、肌の活動が低下しているときは、週に1度のピーリングもおすすめですよ。

2.美白化粧品は肌の状態によって使い分ける

美白を目指す上で、美白化粧品を使うことは有効な方法です。
ただし、肌の状態によって美白化粧品も使い分けなければなりません。肌が乾燥していたり、ダメージがある場合は、美白化粧品ではなく、肌ダメージに対応した化粧品を使うことが大切です。美白化粧品は健康な素肌に使うことで効果を発揮しますので、肌の状態に合わせて使い分けましょう。

3.美白効果のある物を摂る

美白に効果のある食べ物を摂っても即効性はありません。
しかし長期的に考えたとき、美白を目指すために体の中から美白に良い食べ物は効果的です。とくに、肌をつくる成分タンパク質、美肌をつくりビタミンCを積極的に摂ることで、健康的な皮膚づくりに作用するだけでなく、ターンオーバーを促し、キレイな肌をつくります。

4.365日紫外線対策

紫外線を浴びなければ良いというわけではありませんが、人間の肌の色に最も影響を及ぼしているのは間違いなく「紫外線」です。
実際に日照時間が少ない秋田県や青森県などの東北の方は肌の色が白い方が多いようです。
肌の色が黒くなるのは紫外線を浴びてメラニン色素が作られるてしまうからですので、即効性はないものの、1年中紫外線を防ぐことは本来の肌色を維持するために重要な要素です。本気で美白を目指すなら、日焼け止めクリーム、日傘、サングラスは常用アイテムです。

おわりに

美白を目指す上で体の中にいれるものも大切です。肌を綺麗にする食べ物をバランス良く摂取することが大切ですが、難しいようであれば、足りていない栄養をサプリメントなどで補うことも大切ですよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.